外壁・屋根の塗装リフォームなら塗替え道場にお任せ下さい!名古屋市を拠点に愛知・岐阜・三重に15店舗、その他の地域もご相談ください!

HOME > 社長ブログ > 外壁塗装の時期について

外壁塗装の時期について

外壁塗装の時期について

今日は外壁塗装の時期についてお話をしたいと思います。

私ももうすぐ40歳を迎える年になり、塗装業界の人間として皆さんからよく「塗り替え時期はいつごろですか?」っとよく聞きます。

私はいつも「見てみないとわかりません」っと答えますが、決して意地悪をしているわけではありません。本当にわからないのです。

よく、10年に1度は塗装をしなければいけません。と聞きますが、決して10年に一度塗替えをしなければ行けないわけではありません。

とくに最近では新築の時から、外壁に耐久力のある塗料を使用していることが多いので15年間ほど塗装をしなくても大丈夫という家はザラにあります。

私たちも現在シリコン系の塗料やフッ素系の塗料が主流になってきているので、私達が外壁塗装をした後どれくらいで次の塗装の時期が来るかというと15年ほどは塗らなくて良い家はたくさんあります。

だだし、外壁などは比較的ほっておいても大丈夫なのですが、スレート屋根などは塗装が大切になってきます。

私達が塗装をするお客様は70%以上フッ素で屋根を塗装されるのですが、それでも屋根がどれくらい保ちますか?っと聞かれると、10年から15年の間には塗装をしなければいけませんっと答えています。

通常屋根は紫外線が外壁に比べて3倍から4倍になると言われています。

この数字に根拠があるわけではありませんが、たしかに屋根の塗装をするときはタビで屋根の上を歩いていると火傷するくらい熱いくらいです。

それだけ屋根が熱くなるのでもちろん劣化スピードも早いと思います。

外壁に関しても、名古屋市外に比べて名古屋市内は隣の家と比較的密集しているので外壁の痛み具合も全然違います。

一件だけポツンっと建っている家と密集している家では痛み具合が全然違うと言うとお客様は「うそだ〜〜!」っと言われる方もいますが、本当に違うのです。

また海が近いとか川が近いというだけで本当に外壁の痛みが全然違います。

それだけ気候や近隣の状況で劣化の速度も違うので一概に何年で塗り替えしなければいけませんよっと言うことができません。

また屋根の塗装が大切と書きましたが、屋根以外にも大切なことが木部や鉄部などは腐食するスピードも早くなります。

木部の塗装や鉄部の塗装などは5年に1度しなければ行けないと言われるくらい、痛みが早いです。

なので例え外壁にフッ素や無機系の塗料を使用しても、付帯部関係の木部や鉄部が傷んで来る以上、塗装を数年で1度しなければ行けないことになります。

なかなかそこまで塗装をすることはできないと思いますが、そのようなことも踏まえて外壁塗装や屋根塗装のプラン選びをしたほうが良いと思います。

 

塗装会社さんも最近では何通りかのプランを提案してくれる会社さんも増えたので、単純に良いものだけがランニングコストを下げれるとは言い難いのです。

 

次回はもう少し掘り下げて行きますので今日はこれまで!!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • お問い合わせ
  • Call:0120-168-373
ガイドブック請求
お見積もり
お問い合わせ