外壁・屋根の塗装リフォームなら塗替え道場にお任せ下さい!名古屋市を拠点に愛知・岐阜・三重に15店舗、その他の地域もご相談ください!

  • ホーム > 
  • アドバイザースタッフの現場レポート
  • 点検と劣化について

    1. 点検と劣化について

      こんにちは、塗り替え道場 緑店の井村です。

      もうすぐ春なのに、まだ寒い日が続いてますね。。。

      そして花粉が凄い飛んでるきがします・・・(>_<)(私は花粉に苦しんでおります・・・・・・)

       

      さて、本題にいきますが、今日は定期点検と劣化防止の事について書こうと思います。

      たまたま私の担当したお客様から点検ハガキが会社に届き、工事完了後1年程経過して、

      「気になる所がある」との事でしたので、一度お伺いさせて頂きました。

      内容はベランダ防水(FRP)を当時施工したのですが、汚れ・水はけが気になるとの事でした。

      いざ、お伺いしてみると当然、剥がれ無し!塗膜の劣化も無し!

      ただ、排水廻りに黒い汚れが有りましたが、他は何の問題もありませんでした。

      どうしても、日常生活で数年経過していると、劣化とともに汚れが(基本的にですが)付着しやすくなります。

      しかし、日常生活と経年劣化の汚れは私共にはどうしようもできないのが事実でございます。。。ご理解ください・・・m(__)m

      どうしても汚れを落としたい時は、ブラシ等で擦らず、ホームセンターに売ってる洗浄機(水圧)で落とすのがベストです。(※マジックリン等、変な洗剤は使用しないように!!)

      中性洗剤は薄めれば使用OK。

      ブラシ等で擦ると、塗膜が剥がれたり・劣化スピードが早くなったりするのでご注意を!

       

      そこで、少しでも劣化を抑えたい。耐久性や撥水性を残したい。っと思った事はありませんか??

      実はベランダ防水(床)は劣化を防ぐ(遅らす)方法があります。

      その方法とは、、、

      床に何かを敷く事(固い物はNG)です。

      今ホームセンター等に安く売ってると思います。

      (例えば以下のような写真です)

      (タイルとかは高いですが・・・)

       

      防水施工後に上記写真のような物を敷くだけで劣化を防ぐ事ができます。

      なぜかと言うと・・・

      そもそも、塗膜は何が原因で劣化するかご存知でしょうか?

      そう、大半が紫外線です。(剥がれ等は別)

      ですから、直接紫外線に当たらないよう、1枚何かを敷く事で防水層に直接紫外線が当たらなくなり、保護につながるという訳です。

      防水工事を施工された方は是非、試してみて下さい。

      数年後の防水の状態が本当に激変します=家にかかるメンテナンス費用が下がります。

    2. 外壁塗装を主婦目線で♪ №3

      こんにちは!

      外壁塗装専門店 塗替え道場 事務の飯沼です(*^_^*)

       

        主婦目線からみた外壁塗装の

           ちょっとした疑問などを綴っています!!

      むずかしい事や専門的な事は、アドバイザーさんのブログを

        ご覧くださいね、、、(^-^)

       

       さて前回の続きです。

      外壁塗装を考える主婦のつぶやきとして~

        『あ~、工事期間てどのくらいで、どんな怖い人たちが出入りして、(ここまでは前回のブログをご覧ください)

      お茶出しとか~なにか気を遣わないといけないのかな、、、

      あ、洗濯物とか!! 干せるのかな?』

       

      では1つずつ外壁塗装のギモンを解決していきましょう!!

       最近ではあまり聞かなくなった「お茶出し」

        昔、大工さんに家を建ててもらっていた頃、そんな時代は気を遣いましたよね~

      ですが塗替え道場では、そんなお気遣いは不要ですよ!!

      お客様はいつも通りに生活して下さい、安心して下さいね~(^-^)

       

      主婦の1番気になる事!!

       洗濯物ですが、、、

        残念ながら工事期間中は外に干せないんです(+_+)

       もしベランダの塗装じゃない日に干せたとしても、、、

      万が一、塗料などがとんでしまったらご迷惑がかかってしまいます。

       また職人が細かい作業に集中する場合など、ベストパフォーマンスを発揮できなくなってしまいます。

      結果、やはり短いようで長い2週間ですが、お客様の大切なお宅です、美しい仕上がりの為に!!

       部屋干しでお願いしたいと思います、、、<m(__)m>

       

      工期の長い、マンションの外壁塗装の場合は少し違ってきます。

       工程表などで事前に外に干せそうな日はお知らせしています。

      ただこれも施主様によっても違いがあるようです。

       

      まずは担当のアドバイザーにご相談下さいね!!

       

       

      さてさて塗替え道場(^-^)主婦のつぶやき、いかがでしたか?

        お電話の前で皆様のお電話をお待ちしております!!

       

      お問合せ・資料請求・見積り依頼はこちらへ

       

        0120-168-373 


      24時間対応資料請求専用留守番電話

         052-304-9740

       

      ↓↓↓ホームページはこちら↓↓↓ 

       
      ★塗装は愛知名古屋の外壁塗装専門店へ★

      ☆お見積り・ご相談・資料請求無料!!お気軽に☆

      株式会社南建設 塗替え道場 
      フリーダイヤル 0120-168-373

       

    3. 塗料紹介

      こんにちは。塗り替え道場本社、現場管理の塚本です。

       

      今回は塗料の種類について少し紹介したいと思います。

       

      •シリコン塗料

      耐久年数12〜15年でウレタン塗料との差額がほとんど無くなり主流となってきている。

      シリコンの含有量が少なく、耐久性が低い製品も出回っているので注意が必要。

       

      •フッ素塗料

      耐久年数15〜20年でシリコンより高い耐久性に加え美観を長期間保つことができる。

      従来の3フッ化フッ素の分子構造にはフッ素、炭素原子、塩素が含まれていて塩素原子が劣化する弱点があったのですが

      現在の4フッ化フッ素ではこの塩素原子を技術開発によりフッ素原子に置き換えることで紫外線の影響を受けにくくなりました。

       

      塗料の種類によって金額の差、メリット、デメリットがあり、お客様によっても金額を優先するのか美観、耐久性をとるのか変わってくることと思います。ですから皆さんぜひ一度お気軽にご相談ください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

       

       

    4. 合同企業説明会

      塗替え道場ファンのみなさんこんにちは。。。

      本社アドバイザーの田中のトシ君です!!

       

      今週は........な な なんと

      ポートメッセ名古屋で行われた合同企業説明会に行ってきました\(^o^)/

       

      合同企業説明会は今度就職を考えている大学生さん達が希望職種の企業さんの会社説明を聞きに行ける場なんです。

       

       さすがにここまでデカイ規模の説明会なので色々な企業の方達が居て受付でちょっとびびりました(笑)

      初めは緊張していた僕ですが持前のポジティブ精神で呼び込みも上達しました!!!

      会社説明では率先して代表の小林社長みずからが色んなお話もしてくれてました。

       

       

      こういった感じで説明会をさせてもらい新卒新入社員を募集してます。

       

       

      さーて明日からも頑張りますんで外壁リフォームの事なら塗替え道場にご連絡下さい!!!

    5. シーリング班応援

      こんにちは塗り替え道場 本社現場管理の塚本です。

       

      おかげさまで自社職人のシーリング班が忙しくなってきているということでシーリング班の応援に行ってきました。

      久しぶりに僕のシーリングの師匠と一緒に仕事ができて楽しかった反面、師匠のように綺麗に速く仕上げるのは難しいなと改めて実感しました。

       

      今回のお客様宅のシーリングの目地(サイディングボードとサイディングボードのつなぎ目)はかなり劣化していたのですが

      特に目立ったのが外壁のクラック(ひび割れ)でした。

       

      皆さんのお宅のシーリングの目地、窓周り、クラックはいかがでしょうか?

      今回の工事ではクラックがかなり多く、細いクラックでも塗料を塗っただけでは埋まらないので

      シーリング材で下地処理をしっかりしておかないとどんなに綺麗に塗装してもクラックが目立ってしまいます。

      シーリングの目地もひび割れが無く劣化していないように見えても、実は簡単に目地が取れてしまう場合もあるので

      増し打ち施工ではなく打ち替えて施工するようにしましょう。

       

      塗装工事をお考えの皆さん、防水工事もお考えの皆さんぜひ塗り替え道場までご連絡ください。

       

       

       

       

    6. シーリング2面接着

      塗替え道場ファンのみなさんこんにちは。

      本社アドバイザーの田中です。

      今日は僕が管理している現場でシーリングについて学んだことをお話したいと思います。

      まずシーリングは何?と思われる人の為に説明します。

      簡単にいうと壁と壁の間に繋ぎ目を埋めるのがシーリングで防水効果もあります。

      上の写真がシーリングが悪くなってしまった状態です。

      こういう風になってしまったシーリングは撤去して新しくシーリングを施工するんですけど...このことを打ち替え作業といいます。

      打ち替え作業では古いシーリングを撤去する時はカッターナイフでシーリングの両サイドに切り込みを入れてからペンチを使って撤去していきます。

      普通ならそれで撤去ができるのですが今回はちょっとした事件がありました。

      それは...

      シーリングは2面接着が基本で壁と壁の間の奥には絶縁体というテープやスポンジの様な物で3面接着にならないように施工してあるはずが

      今回の現場ではその絶縁体が入ってなくシーリングをすべて撤去をしたくてもできない様になっていました。

      一度こうなってしまうと2面接着に直すことがかなり難しくなり直せたとしてもかなりの時間と費用がかかってしまう事になります。

       

       

      みなさんのお家も塗替えになりましたときには要注意してくたさい。

      東海3県の皆様、塗替えなら是非、塗替え道場 ㈱南建設にご連絡下さい!!!

       

    7. 外壁塗装の色について!

      はじめまして。

      愛知 岐阜 三重 塗り替え専門店 塗り替え道場 塗装班の河井です!

      現場で作業をしていると、 なかなか色が決まらずにお客様から

      「どんな色がいい?」

      「どんな色が日焼けしにくい?」

      「暖かい色がいいなぁ~。」

      などと聞かれる事がよくあります。

      何年 塗装工として作業してきても家の形や外壁の柄でイメージが違うので、 色についてはいつも悩みます。

      (お客様の好みもありますし(^^) 色にはN色と言うものがあります。

      これは無彩色といい 白と黒で作られている為 色次第では冷たく感じます。

      逆に有彩色と言うものは いろいろな色が入る為 色に鮮やかさがあります。

      これは暖かい感じになります。

      暖かいイメージなら有彩色を‼ あとは、 色によって約束事として安全色彩があります。

      • 赤は 防火 、禁止、停止、高度の危険

      • 黄は 注意

      • 緑は 安全、避難、衛生、救護、保護

      • 赤紫は 放射能 等々。

       

      場などの配管にも色分けがあります。

      ガス管 うすい黄色(クリーム) 水管

      うすい青色 空気管 白 この様に決まりもあります。

      塗り替え道場では お客様の声とアドバイザーの知識と経験から1番いい仕上がりになるように 日々取り組んでいます!

      色の事に悩んだら是非!是非! 塗り替え道場へ!!

      以上 塗装班 河井でした(^_^)

    8. 今日から入社した蛯原です。

      以前は太陽光発電関連の飛び込み営業をやっていました。

      飛び込み営業というとイメージがあまりよくないと思いますが、しっかり説明して購入してもらい喜んでいただいたお客さんも多かったです。

      これからは塗装業が伸びると思い、入社致しましたが、同じリフォームとはいっても塗装は奥が深いです。当然、お家によって色が違いますし、塗料、工事、工事の日程などなど覚えることがいっぱいです。ですが、以前も自社施工の会社で勤めていたので、職人さんたちとの連携も自分は上手にできるのが強みです。

      南建設は工事が自社施工になっており、特に工事の面では安心してご検討いただけると思っています。

      自社施工は誰が作業にあたったかどのような作業だったか、すぐわかるのでお客さまにも対応が早く出来るんです。

      お客様の望みをちゃんとうかがい、職人たちと連携をとるのがアドバイザーの重要な役目です。

      作業後から本当のお付き合いがはじまりますので、担当したアドバイザーは当社では施工管理も行います。

      自社施工ではない下請けに工事をふる業者さんは職人さんたちと連携がうまくいかず、良い工事が出来ていない場合が多々あるとリフォーム業界ではよく聞きます。なので、南建設のリフォーム塗装は自社施工で自信をもっておすすめできます。

      売って後はほったらかしって業者が一番だめですよね。

      南建設ではアドバイザーと職人たちの連携が強いのでこんなことは、絶対ないです。とはいうものの、これからいろいろと覚えないといけないことがたくさんあるのでガンバっていきます。

       

       

    9. 色打合せの様子☆

      こんにちは。

       

      愛知・岐阜・三重の外壁塗装専門店 塗替え道場春日井店のアシスタント山本です (^-^*)/

      先日色決めを担当させていただいたK様邸のご紹介です。

      施工前がこちら

       

       

      チョーキング現象も見られ、だいぶ色褪せが進んでいました。

       

       

       

      色は茶系・白系のツートンで提案させていただきました。

       

       

       

       

       

      茶系・白系といってもいろいろな色があります。

      濃さ・鮮やかさなどの変化で少しずつ色が変わっていきます。

       

      最終的に決定したお色がこちら

      2F部分 19-80F

      1F部分 19-50F

       

      破風板の色を2F外壁色に合わせるか、付帯部の茶色に合わせるかとても悩まれていましたが

      カラーシュミレーションで2パターンを比べて頂き茶色に決定しました!!

       

      ちなみにその時の2パターンがこちら

       

       

       

      破風板を茶色にすることで引き締まった印象になりますね♪

       

      外壁色、付帯部などカラーシュミレーションを作成させていただきますので

      悩まれてもいくつかパターンをご納得いかれるまで見る事が出来ます!

       

      次回は完成の様子を報告させて頂きます!

       

      お問い合せ・資料請求・見積り依頼はこちらへ

       

        0120-168-373 


      24時間対応資料請求専用留守番電話

       

       

         052-304-9740

       

       

       

      ↓↓↓ホームページはこちら↓↓↓ 

       
      ★塗装は愛知名古屋の外壁塗装専門店へ★

      ☆お見積り・ご相談・資料請求無料!!お気軽に☆

      株式会社南建設 塗替え道場 
      フリーダイヤル 0120-168-373

      愛知エリア
      ■本社
      〒455-0801
      愛知県名古屋市港区小碓4丁目99番地
      TEL 052-304-9313
      FAX 052-304-9314

      ■緑店
      〒458-0801
      愛知県名古屋市緑区鳴海字山下88番2
      TEL 052-893-9810

      ■一宮店
      〒491-0836
      愛知県一宮市丹陽町多加木字浅間堂15-1

      ■春日井店
      〒486-0855
      愛知県春日井市関田町3-56-2 
      TEL 0568-37-1791

      ■津島店
      〒496-0047
      愛知県津島市申塚町1-89

      ■名東店
      〒465-0003
      愛知県名古屋市名東区延珠町508

      ■刈谷店
      〒448-0844
      愛知県刈谷市広小路5丁目35

      岡崎店
      〒444-0014
      愛知県岡崎市若宮町1丁目78番地
      TEL 0564-83-5651

      ■小牧店
      〒485-0082
      愛知県小牧市村中331番地

      ■豊田店
      〒471-0845
      愛知県豊田市田中町5-39

      ■豊橋店
      〒440-0085
      愛知県豊橋市下地町2丁目54

      ■半田店移転しました
      〒475-0836
      愛知県半田市青山4丁目7-10

      三重エリア
      四日市店
      〒510-0836
      三重県四日市市松本3丁目12-16
      ■鈴鹿店
      〒513-0816
      三重県鈴鹿市南玉垣町7016番地

      ■桑名店
      〒511-0934
      三重県桑名市赤尾1012番地 

      岐阜エリア
      ■岐阜店 
      〒501-2565
      岐阜県岐阜市福富151番地1
      TEL 058-215-1277

      ■多治見店
      〒507-0033
      岐阜県多治見市本町7丁目45

      ■大垣店  ★ただいま準備中★
      〒503-0024
      岐阜県大垣市宿地町堀割943番地4

       

       

    10. 塗装現場での不思議な出来事~~~

      こんにちは。怒られそうな位の、久々の、本社の森 理恵です。

       

      私の名前を、カタカナにしますと、モリリエ・・・ 何て簡単な名前なんでしょう!!

      いや、そうじゃなく、何が言いたいかといいますと、モリリエで思い出したことがございまして・・・

       

      先日私の現場で、びっくり&とても不思議な出来事がありました。

      自社塗装班の河井さんが、作業をしていると・・・・

      ぎょ、ぎょ!!

      な、なに???

       

       

      軒樋の中に、ヤモリがいるではありませんか!!!

      (イヤ。トカゲでしょうか・・・ ヤモリで話しを進めます)

      本物?? とびっくり!!

      お客様がわざと置いているのかなと、ヤモリって、家を守ってくれる縁起物、『家守』と

      言われていますよね?

      河井さんと、家の守り神として、置いているのでは。でも、大屋根の軒樋の中。

      誰が入れるの?  簡単に登れる場所でないのに、どうやって?? と、

      盛り上がって話してましたが、とりあえず、お客様に聞いてみるねと。

       

      聞いてみたところ、えーーー、何でそんなところに!!   と、全然知らなかったそうです。

      ウチが置くわけないし、飼ってませんよぉーー。

      降ろして下さいと、何年振りかに下におりた、ヤモリちゃん。

       

       

      寂しかったですよね、2匹揃ったヤモリちゃん。

      後ろには、ヘビ君もいます・・・  (^_^;

      もともと2匹いたようですが、ずーーーっと1匹しかいなくて、どうしたのかなぁと思っていたそうです。

       

      そのもう1匹は、ブロック塀の上で家を守っていたようです。

      これも、河井さんが作業中に撮っていました。

       

      本当に不思議。誰が?

      前にお隣さんで足場を組んでの工事があったようで、その時??

      ホント、どうやって登ったんでしょうかね。

       

       

      おっと、ちゃんと仕事をしている、河井の写真も載せときます!!

       

      真剣な眼差しですね!!   (^.^)

       

      河井さんだけ載せると、一緒に作業している、江藤さん、薬丸さんがいじけるといけないので・・

      江藤さん。

       

       

      薬丸さん。

      です。

      が、横顔だけでごめんなさい!!   今度は、素敵な笑顔を載せれるようにします。

       

       

      モリリエから、ヤモリを思い出したので、ヤモリの出来ごとを書いてみました!!

       (^_^;)

       

       では、また。  モリリエ でした!!   (^O^)/

       

       

       

       

       

       

    11. 外壁塗装を主婦目線で♪ №.2

      こんにちは!

      外壁塗装専門店 塗替え道場 事務の飯沼です(*^_^*)

       

        主婦目線からみた外壁塗装の

           ちょっとした疑問などを綴っています!!

      むずかしい事や専門的な事は、アドバイザーさんのブログを

        ご覧くださいね、、、(^-^)

       

       さて前回は、まず最初にいくらかかるんだろう??

      という疑問をとりあげました。

      さて、つぎに思うのは

        『あ~、工事期間てどのくらいで、どんな怖い人たちが出入りして、

      お茶出しとか~なにか気を遣わないといけないのかな、、、

      あ、洗濯物とか!! 干せるのかな?』

       主婦としてはこんなところでしょうか?(^_^;)

       

      では1つずつ外壁塗装のギモンを解決していきましょう!!

       

      まず 『あ~、工事期間てどのくらい?』

       これはですね、ごく普通のお宅なら工期は2週間です!

      担当アドバイザーやアシスタントから

      詳しい作業内容の予定も教えてもらえますよ。

       

      つぎ~

       『どんな怖い人たちが出入りするんだろう??』

      こんなことを書いたらワタクシ首!!かもしれませんが、、、

      普通の主婦なら思う事じゃないですか?!

      怖そうな、無愛想な、何の作業をしてるかわからない人がうろうろ~(T_T)

       

        でも!!

            これはもうご安心ください!!(*^_^*)

      塗替え道場は自社職人なんです!

       だ~か~ら~、まずご挨拶する時には顔写真入りの名刺を持っています。

      そしてなんといっても自社職人さんですから、

      会社のいろいろなパンフレットにお顔が載っています。

       それを発見するのも楽しいですよね。

      それに、案外気楽に声をかけてみると、今なんの作業をしているとか

      優しく教えてくれたりもします。

       実はワタクシも入社したての頃は、職人さんたちが大きな声で

      『お~~っす!!』 (→ お疲れさまです!!の意味です)

      と、本社に入ってくると、ほぇ~?!っとびっくりしました。

      でもみなさん話すととっても個性豊かで優しいんです、本当です。

       、、、すみません、余談でしたね(^_^;)

       

       もちろん社内でも挨拶はしっかりすることを教育されています!

       それに工事が終わった後に「アンケート」がありますからね、

      良くも悪くも、必ず社長に伝わります、、、

       つまり私たち、お客様の電話を受ける側も評価されますので

      社員一同、全員が気を引き締めて日々頑張っています!!

       

      いかがでしたでしょうか?

       残りのギモンは次回に持ち越しです、ごめんなさい、、、

      最後までお読み頂きありがとうございます<m(__)m>

       

      どうでしたか?見積り依頼したくなりましたか??

       (ワタクシ、首!にならないですよね、、、)

       塗替え道場、お電話の前で皆様のお電話をお待ちしております!!

       

      お問合せ・資料請求・見積り依頼はこちらへ

       

        0120-168-373 


      24時間対応資料請求専用留守番電話

         052-304-9740

       

      ↓↓↓ホームページはこちら↓↓↓ 

       
      ★塗装は愛知名古屋の外壁塗装専門店へ★

      ☆お見積り・ご相談・資料請求無料!!お気軽に☆

      株式会社南建設 塗替え道場 
      フリーダイヤル 0120-168-373

       

       

    12. 足場現調

      塗替え道場ファンの皆さんこんにちは。

      本社アドバイザーの田中のトシです!!!

      今日は簡単に足場現調のことを説明させていただきます。

      足場現調とは足場を安全でイレギュラーなく建てる為の下見のことを言います。

       

      まず建物の寸法は絶対必要なので現地にて測ります。

      図面があってもごくまれに図面と異なるお家はあります(普通ならあってはならないことなんですけどね)

      あくまで確認の為に測っていると思って下さい!!

       

      建物の寸法を測り終わりましたら今度は敷地の寸法も測ります。

      敷地を測るのは建物が敷地からはみ出していないかそれとも敷地と同じところまできていないかを確かめます。

      敷地と建物が同じやはみ出しているとお客様の敷地内で足場を建てる事が難しくなります。

       この場合、倉庫が干渉するかしないかを写真ではわかりずらいので現地で見定めます。

      こちらですと土地に余裕がありますので足場を建てるスペースは十分にあると写真でもわかります。

      足場現調はこういった写真も色々撮り各作業員と足場を建てる準備をするために使います。

       

      今、現在ですとおおよそ5分から10分くらいで足場現調ができるんで1日多い日は10件以上廻ったりもしちゃいます!!

       

      すごく簡単に説明しちゃったんですけどわかりましたか?笑

      気になる方は塗替え道場の田中までご連絡下さい!!

       

      是非、お見積りもお待ちしおります。

      今後とも塗替え道場宜しくお願いいたします。

      最後まで読んで頂きありがとうございました。

      ではみなさんまたのブログ更新をお楽しみに\(^o^)/

    13. 雨漏り補修

      こんにちは。塗り替え道場、本社現場管理の塚本です。

       

      今回は雨漏りが起こりやすい事例を紹介します。

       

      この写真のサッシの端の部分のシーリングが切れています。この切れている部分から水が入り雨漏りが起こります。

      シーリングが切れる原因としては日光が当たることによる劣化、南面のシーリングが切れていることが多いです。

      またプライマー(シーリング材を充填する前に塗る接着剤)を塗っていない、既存のシーリングの撤去がしっかりできていない等です。

       

      撤去後の写真です。この写真のシーリングが打ってあった部分を面台というのですが、

      面台のシーリング撤去は取りづらいことが多く、今回も撤去に時間がかかりました。

       

      撤去さえ終わってしまえばあとは速いです。

      マスキングテープでサッシを汚さないように養生をして、シーリング材を充填します。

      プライマーを塗っている写真がないですがしっかり塗っています。

       

       

      面台は金ベラで仕上げるのですが、正直言って苦手で時間が掛かります。

      こういったところで何年も職人をやっている経験豊富な先輩方との力の差があり

      まだまだ経験が足りないと実感させられます。

      時間はかかりましたがしっかりと施行させていただき完了です。

       

       

    14. 色決め

       こんにちは。塗替え道場本社、現場管理の塚本です。

       

      今回は、色決めの打合せについて紹介したいと思います。

      お客様の外壁色の要望は薄いピンクか薄い黄色ということでまずは塗装後の外観をイメージしてもらうためにカラーシュミレーションと言うもの作りました。

       

      施工前の写真です。

       

       

       

      この写真がカラーシュミレーションと言うのですが、外壁の色だけでなく、樋、破風板、軒天といった細かい所まで色を指定できます。

      初めてカラーシュミレーションを作ったのですが1時間以上かかってしまいました。早い人は15分で作れるそうです。。。

      パソコン上で色を付けたい部分を囲っていく結構細かい作業なので何回も作って慣れが必要だなと感じました。

       

       

      お客様の要望で外壁の色はピンクで樋、破風板、雨戸、軒天といった付帯部分は白色に決まりました。

      今回の色決めではお客様の塗装後のイメージがあり要望通りに決まったのですが

      イメージが湧かないお客様に対してもこの付帯部の色でも外壁の色に合うんじゃないかなどもっと提案できればよかったなと思います。

      もっと知識を付け、経験を積んでお客様に満足してもらえる現場管理をしていきたいです。

       

       

       

       

       

       

    15. コーキング工事

      こんばんわ!!

      塗替え道場自社塗装班の江藤です。

      今日は塗装工事じゃなくコーキング工事を行いました!

      最初にコーキング撤去ををしたのですが

      元のコーキングをカッターで切り込みを入れペンチで剥がしていくのですが

      これがまたむずかしくカッター切れ込み1つ違う事で綺麗にとれなくなるのです、、、

      一緒に作業していたシーリング班職長山口さんの撤去を見ると

      コーキング残しがなくきれいにとれていてさすが職長と思いました!

      それからコーキングをまっすぐラインを出す為や廻りを汚さないように紙テープをしました。

      塗装でも養生時紙テープをするので、塗装の養生時みたいに紙テープを貼っていたのですが

      コーキングの場合はコーキングをきれいに仕上げる為下から上に向けて貼るみたいで

      塗装とはまた違ったきれいにする仕上げ方があるのだなーと勉強になりました。

      それからコーキング打たしてもらったり色々なことをさしてもらったのですが

      なかなかスムーズにいかずタジタジな1日でしたが色々勉強になった1日でした。

      以上自社塗装班の江藤でした。

    16. 足場解体応援

      こんにちは。塗替え道場本社、現場管理の塚本です。

       

      先日は足場解体の応援に行ってきました。

      シーリングの経験は一年半あるので一人でも現場を完工できるのですが、

      足場の経験は三か月くらいしかなく組むことはできなくても部材を運んで片づけるくらいはできるので

      多少は手伝うことができたのではないかとおもいます。

       

       

      午前中に300㎡の現場を4人で2時間半、午後から400㎡の現場を3人で途中から2人応援に来てもらって2時間程度で完了しました。

      2人で組立、解体に行くこともあるので、人数が多い分早く終わることが出来ました。

       

      久しぶりの足場での仕事だったので最後の方は腕の筋力が落ちて部材が持ち上がらず、帰るころにはへとへとでかなり疲れました。笑

      現場が終っても明日の組立、解体の準備をするために資材置き場に戻って資材の積み込み、積み下ろしの作業が残っていて、

      足場は力が無いと務まらないなと体力的に大変だった足場時代を思い出しました。

       

      シーリングが体力的に楽と言っているわけではありませんが笑 シーリングは細かい作業で、家によって作業のやりやすさも大きく変わってくるので精神的に苦労が多いです。

      足場班、シーリング班が忙しく人手が足りないときは応援に行けたらなとおもいます。

       

       

       

       

       

       

       

       

    17. シーリング補修工事

      こんにちは。塗替え道場本社、現場管理の塚本です。

       

      今日は朝から雪が降っていてシーリング工事ができるか心配だったのですが施工時には止んでいたのでなんとか施工することができました。

      ちなみに僕は瀬戸に住んでいるのですが、朝起きたら瀬戸の方は軽く積もっていたので車で出勤できないんじゃないかと一瞬焦りました。

       

       

      雨漏れがしているということで今回は部分的なシーリング工事です。

      これが施工前の目地の状態です。

       

       

       

      既存の目地がしっかり撤去できていないと新しくシーリングを打ち替えても既存の目地が剥がれてきてしまうので目地、両サイドの小口もしっかり撤去しています。

       

       

       

      部分的な補修だったので足場がなくスライダーでの作業になりました。一番上を施工するときはさすがに怖かったです。笑

       

       

      シーリング材の充填です。材料が多すぎたり少なすぎたりすると仕上づらくなるので、ちょうどいい量で充填するのが意外と難しいです。

       

       

       

       

      マスキングテープを剥がして、仕上げ完了です。

      仕上げの時力を入れすぎるとシーリングの肉厚が取れず、押さえる力が軽すぎるとテープの上に材料が残ってしまいラインが出せなくなってしまうので

      力の入れ具合、角度が難しいです。

       

       

       

      スライダーでの作業が怖くて思ったより時間がかかってしまいましたが無事シール作業終了です。

      後は目地の上に塗料をタッチアップして完了です。

    18. 同じ失敗を二度しない。明日は甚目寺郵便局イベント!!

      こんにちは。塗替え道場本社、現場管理の塚本です。

       

      今日はあいにくの雨ですが、自分が担当している現場の足場組立と解体がありました。

      雨の中、足場班のみなさんありがとうございました!また、申し訳ありませんでした。

      というのも足場組立の際、自分の連絡不足で組立がスムーズに進まなくてお客様の完工予定、足場班、シーリング班、塗装班の工程をずらす事態となってしまいました。

       

      自分の確認不足というだけで多くの方に迷惑をかけることになり、自分の現場の責任感が足りなかったと思います。

       同じ失敗を二度しないように今後どうしていけば改善されるか考え行動していきたいと思います。

       

       

      さて話は変わりますが明日10日金曜日は甚目寺郵便局で外壁塗装相談会イベントを行います!!!

      前回の稲沢郵便局でのイベントでは来場者が少なかったので甚目寺郵便局イベントでは多くの方に来ていただける様に祈っています笑

      足場無料券、外壁塗装の教科書、ガイドブックもご用意しておりますので

      外壁塗装をお考えの方、将来的に考えて考えている方、そうでない方もぜひ一度遊びに来て下さい。

      スタッフ一同お待ちしております!

       

    19. 外壁塗装を主婦目線で♪

      こんにちは!

      外壁塗装専門店 塗替え道場 事務の飯沼です(*^_^*)

      ワタクシ、今月からちょっと心を入れ替えて、

        主婦目線からみた外壁塗装のちょっとした疑問などを

      書いていこうと思います!!

      むずかしい事や専門的な事は、アドバイザーさんのブログを

        ご覧くださいね、、、(^-^)

       

       まず最初に家計を預かる主婦としては

      いったい外壁塗装って~、塗りかえって~、いくらかかるんだろう~~

      ってことですよね。

      私、お客様のお電話にでておりまして、お尋ね頂く事も多い質問です。

       

       本当に大雑把にですが、、、

      ごくごく普通のお宅ですと、70~80万円

      屋根も入れますと100万円位でお考えくださいとお答えします。

        で、す、が、

       これは外壁を塗る面積(窓の部分は引きます)が

      130~150㎡のお宅の場合です。

        と、言われても普通の主婦には ????ですよね(^_^;)

      私も入社した時は、『はぁ~?』 と思いました。

      しかも、塗料によっても、お客様のお宅の外壁によっても、

      違ってくるんです、、、

       凝った作りのお宅だったりすると建坪が同じでも外壁塗装の金額は

      どーんと違ってくることもあるそうです!!

          だから電話でははっきりお伝えできないんですよね、、、

      それに、業者さんによっても、見方はいろいろです。

       

      ここで細かい事を書いても頭がバクハツしますので~ここはやっぱり!

         『塗替え道場の無料!見積り依頼』 をするのが1番なんです\(^o^)/

      (あ、逃げたのがわかりましたか?)

      初めてお伺いする時に、担当アドバイザーさんが

         塗装の『虎の巻』!!!をプレゼントしてくれます。

      これがとってもわかりやすく、外壁の写真入りで説明してあったり、

      塗料の説明はもちろん!、あとシーリングについても書いてあります。

       

      ああ、思いつくまま書いてみました。

      最後までお読み頂きありがとうございます<m(__)m>

       

      どうでしたか?見積り依頼したくなりましたか??

        塗替え道場、お電話の前でワタクシ皆様のお電話をお待ちしております!!

       

      お問合せ・資料請求・見積り依頼はこちらへ

       

        0120-168-373 


      24時間対応資料請求専用留守番電話

         052-304-9740

       

      ↓↓↓ホームページはこちら↓↓↓ 

       
      ★塗装は愛知名古屋の外壁塗装専門店へ★

      ☆お見積り・ご相談・資料請求無料!!お気軽に☆

      株式会社南建設 塗替え道場 
      フリーダイヤル 0120-168-373

       

       

       

       

       

       

    20. 本社席替え

      こんにちは。塗り替え道場本社、現場管理の塚本です。

       

      今日は本社では席替えを行いました。

      スーパーアドバイザーがまた一人増えて心強いです。笑

      ご指導のほどよろしくお願いします。

       

      前までは写真の奥に営業チームの席があったのですが……

       

       

      今回の席替えで社長室のとなりになったので緊張します。  ではなく気が引き締まります。

       

       

      また本社営業会議も行われて広告等、各自の売上予算、目標を決めたので

      席替えと共に心機一転明日からまたがんばろうと思います。

       

       

    21. 擁壁塗装~セラミガード~

      こんにちは!!

      塗替え道場の名古屋市港店(本社)営業の桝内です。

      今日は午後から本社にて席替えがありました~

      心機一転頑張ります(・・;)

       

       

      今回は擁壁塗装について話をしたいと思います。

      この様な擁壁というのは、専用塗料を使用しないと塗膜の膨れに繋がる恐れがあります。

      何故かというと地面との距離が近い為、水分量が多くなる傾向にあります。

      今回施工をしたお客様のお宅でも部分的に塗膜の膨れが見られました。

      このような時は弊社ではエスケー化研のセラミガードを使用致します。

       

      ☆洗浄作業★

      ホコリや苔を落として塗料の密着を向上させる役割があります。

      (※洗浄作業では、チョーキングは落としきれません。)

       

      ☆下地調整★

      塗膜の膨れによる剥がれ部分です↓↓

      このまま塗ると、どうしても凹凸が出てしまうので、下地処理をしてから塗装をしていきます。

       

      下地調整をした後の写真です。↓↓ちなみにクラックはシーリングにて補修致しました。

       

       

       

      ここから下塗り→中塗り→上塗りの3工程で施工していきます。

       

      以上桝内ブログでした。

       

    1 2 3 4 5 6 36
    • お問い合わせ
    • Call:0120-168-373
    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ