外壁・屋根の塗装リフォームなら塗替え道場にお任せ下さい!名古屋市を拠点に愛知・岐阜・三重に15店舗、その他の地域もご相談ください!

  • ホーム > 
  • アドバイザースタッフの現場レポート > 
  • 残暑、抜かりなく猛暑。
  • 残暑、抜かりなく猛暑。

    残暑、抜かりなく猛暑。

     

    こんにちは、緑店 新米アドバイザーの木村です。

     

     

    8月も終わりに近づき、間もなく9月というこの時期でも、

    まだまだ、まだまだ暑い毎日ですね、、、

    セミの鳴き声も、当分の間は止むことの無さそうな気配ですね。

     

    今年の夏は、川や海などへ行き、夏らしい休日をボチボチ過ごせました。

     

    しかし、やはり私の興味の矛先は、一番は「食」にあるんだなあ、と。

     

     

     

    先日、お勧めのお店へ連れて行ったつもりが、すぐ近くの違うお店に連れて行ってしまい

    席についてからその事実に気づき、でも雰囲気は素敵だからと、成り行きで食べた

    ロコモコとパンケーキがとても美味しかったのです。高針の原にあります。

     

    さて、余談はこれくらいにしておいて、、

     

    先日、私の現場でベランダ防水が押さえコンクリート(アスファルト防水)のお客様の

    防水改修工事を引受けさせていただきました。

    アスファルト防水に対する、改修工事として最も実績のあるのが

    「ウレタン防水」であると、一般的に言われています。

    ウレタン防水とは、塗膜防水の一種で、概要で言えば、

    ウレタン防水材を流し込み防水層を形成していく工法になります。

     

    そして、ウレタン防水の中でも、「密着工法」と「絶縁工法」とがあり、

    今回は、下地の影響を断ち切る効果がある、絶縁工法で施工させていただきました。

     

    絶縁の機能を果たす役割のある「通気緩衝シート」というシートを設置することから、

    より具体的な別名として、

    「通気緩衝工法」とも言われています。

     

    下地が押さえコンクリートの場合、内部の水分を完全に乾燥させるのは困難であり、

    その上に、そのまま新たな防水層を形成し、蓋をしてしまう(密着工法)と、残った水分が逃げ道を失い、

    やがて、新たな防水層を持ち上げ、「膨れ現象」を発生してしまう可能性があります。

     

     

    一方で、「通気緩衝工法」は

    内部から上がってきた蒸気等をシートの中へ逃がし、脱気筒または、脱気盤まで送ることができ、

    この膨れ現象を防ぐことが可能であります。

     

     

    ※室外機の横にある銀色の円盤のようなものが「脱気盤」です。

     

    通気緩衝工法の場合、脱気筒または、脱気盤を設置する必要があるのですが、

    戸建てのバルコニーなど、歩行の機会が多い場所には

    脱気盤を設置し、マンションの屋上など、普段人が通らないような場所には

    脱気筒を通常、設置します。

     

     

     

     

    今回、工事させていただいたベランダの施工前の状態は

    このような感じでした、、、

     

    はてはて、このベランダは

    どのような変身劇を遂げたかは、次回のブログで

    具体的な施工手順も交えながら

    ご紹介させていただきたいと思います。

     

     

    最後に、この「点心キャンドル」が

    最近、非常に気になります。欲しいなあ、と密かに思っております。

     

     

    以上、木村がお送りさせていただきました。

     




     お問合せ・資料請求・見積り依頼はこちらへ

     

      0120-168-373 


    24時間対応資料請求専用留守番電話

     

     

       052-304-9740

     

     

     

    ↓↓↓ホームページはこちら↓↓↓ 

     
    ★塗装は愛知名古屋の外壁塗装専門店へ★

    ☆お見積り・ご相談・資料請求無料!!お気軽に☆

    株式会社南建設 塗替え道場 
    フリーダイヤル 0120-168-373

    愛知エリア
    ■本社
    〒455-0801
    愛知県名古屋市港区小碓4丁目99番地
    TEL 052-304-9313
    FAX 052-304-9314

    ■緑店
    〒458-0801
    愛知県名古屋市緑区鳴海字山下88番2
    TEL 052-893-9810

    ■一宮店
    〒491-0836
    愛知県一宮市丹陽町多加木字浅間堂15-1

    ■春日井店
    〒486-0855
    愛知県春日井市関田町3-56-2 
    TEL 0568-37-1791

    ■津島店
    〒496-0047
    愛知県津島市申塚町1-89

    ■名東店
    〒465-0003
    愛知県名古屋市名東区延珠町508

    ■刈谷店
    〒448-0844
    愛知県刈谷市広小路5丁目35

    岡崎店
    〒444-0014
    愛知県岡崎市若宮町1丁目78番地
    TEL 0564-83-5651

    ■小牧店
    〒485-0082
    愛知県小牧市村中331番地

    ■豊田店
    〒471-0845
    愛知県豊田市田中町5-39

    ■豊橋店
    〒440-0085
    愛知県豊橋市下地町2丁目54

    ■半田店移転しました
    〒475-0836
    愛知県半田市青山4丁目7-10

    三重エリア
    四日市店
    〒510-0836
    三重県四日市市松本3丁目12-16

    ■鈴鹿店
    〒513-0816
    三重県鈴鹿市南玉垣町7016番地

    ■桑名店
    〒511-0934
    三重県桑名市赤尾1012番地 

    岐阜エリア
    ■岐阜店 
    〒501-2565
    岐阜県岐阜市福富151番地1
    TEL 058-215-1277

    ■多治見店
    〒507-0033
    岐阜県多治見市本町7丁目45

    ■大垣店  ★ただいま準備中★
    〒503-0024
    岐阜県大垣市宿地町堀割943番地4

     

     

     

     

     

     

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    • お問い合わせ
    • Call:0120-168-373
    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ