外壁・屋根の塗装リフォームなら塗替え道場にお任せ下さい!名古屋市を拠点に愛知・岐阜・三重に15店舗、その他の地域もご相談ください!

  • ホーム > 
  • アドバイザースタッフの現場レポート > 
  • サイディングビス打ち固定
  • サイディングビス打ち固定

    サイディングビス打ち固定

    こんにちは!塗替え道場 緑店の木村です。

    最近私は、すっかり夏風邪をこじらせてしまいまして、

    鼻水と咳がとどまることを知りません、、、声もおかしくなってしまいました、、、

     

    皆様もくれぐれも、体調にはお気を付け下さいませ(+_+)!!

     

     

    さて、皆様がお家を塗り替えようとするきっかけには、簡潔に

     

    「築年数からみた時期的なもの」

    「周りのお家が工事した」

    「外壁の色褪せが気になる」

    「雨漏れが出てしまった」

    「外壁のつなぎ目にあたる、コーキングの劣化」

     

    等々、様々な要因が挙げられますが!

     今回は、その中でも意外と気にされている方が多い

     「サイディングの浮き」 についてご紹介いたします!

     

     お家によって、同じ築年数を迎えていても

     外壁材・付帯部・コーキングの劣化の度合いは千差万別です。

     

    その中でも、サイディングボード等の外壁材と外壁材の間にある目地の

     コーキングに、割れ・剥離などの劣化が生じてしまっている場合

    外壁材の傷みの症状はどんどん進んでしまってしまいます。

     

     

    シーリングで埋まってあるはずの隙間から(ボードの側面など)

    雨水をぐんぐん吸い込んでは、乾いてを繰り返し

    サイディングが浮いて、ついでは反ってきてしまいます((+_+))

     

     

    写真は少しわかりにくいかもしれませんが

    コーキングの目地を基準にサイディングボードが反っています。

     

    そしてそして、さらに症状が進むと

     反ったサイディングが割れてしまいます。

     ここまでくると、塗装工事では手が負えず

     サイディングの張替えが必要なんていうことも・・・(*_*)(*_*)(*_*)

     

    そんな事態に陥ってしまう前に!!!!

     

    サイディングボードが浮いてきたのを発見した時点で

    表題の通り、ビスを打つなどして、しっかりと浮きを抑えて躯体に固定して

    コーキングの処理もきちんと行い、外壁材自体の劣化を防いでいくことが

    長年に亘り、大切なお家を守っていくためには大切なことです。

     

    大体の施工の流れとしては、、、

    まずは、ビスを打ち込みたい箇所に、キリで穴を空けていきます。

     

    先日お世話になったお客様のお家は、あちらこちらでボードが浮いてしまっていたので

    お立会いの下、どこをビス固定していくかを、しっかりテープを貼って施工する手順を踏みました。

     

    次に、ビスを穴に沿って打ち込んで固定していきます。

    キリで穴を穴を空けずに、そのままビスを打つと、ボードが簡単に割れてしまいますので、

    この手間は欠かしてはなりません。

     

     

     

     

     

     

    緑店おなじみの塗装職人の、平原さんです(*^-^*)

    真剣な面持ちです。

     

    ただ、ビス打ち固定をするにも、ボードの下に銅縁という木下地が入っていない箇所等には

    ビスが打ちようがなく固定できない場合もございます。

    できる限りの施工をやっていきます!

     

    施工写真を探していたら、職人さんの写真が他にも数枚ちらちらと(*^-^*)

     

    屋根の上でお客様に説明していただいている時の写真です。

     

     

    いい笑顔ですね。笑

    そして、相方は伊藤さんです。

     

     

    いつも暑い中、ありがとうございます!

     

     

    さてひと呼吸おいて、、、

    先日のブログで同期の桝内君と太田さんが同期の紹介をしていたので

     

    手で顔の大半が隠れてしまっていますが、 本社 事務の太田さんです。

    彼女は、真面目にどんな仕事でも、きっちりきっちり、こなしていきます。

    そして、弱みをなかなか見せず、黙々と投げ出さず仕事をしてくれるので

    仕事を頼む側も安心して頼めるのではないかなと思います。

    そして、一見クールですが、意外と面白いですし、人間味に溢れているなと感じます。

    あと、絵と字が上手です。 これからもよろしく。

     

     

    斜め上を向いている シーリング班の 塚本君です。

    写真も斜め上を向いていますが、お酒を飲んだ時の言動は
    通常の斜め上どころか、完全に方向性を失っていて、見てて面白いです。笑
    彼もまた、普段とてもクールで物静かなので、同期で遊んでいるときに
    楽しそうにしているのを感じられると、少しほっとする部分もあります。
    案外いろいろ喋るんだなって、素で思いました。
    そして、仕事面では、他の誰よりもテキパキと足場を移動して
    工事を進めていく姿には、刺激を受けます。

    そして、下を向いている写真で申し訳ないですが、 春日井店 アドバイザーの桝内くんです。

    同じ営業として職種が一緒なので、仕事の話をするのが、最近は楽しいなと思います。

    彼は、コツコツ積み上げて仕事をこなし、お客様にも会社の人にも

    絶対的に低姿勢でいれるところは、私自身学びたい点だなと思います。

    きちんとした言葉遣いと挨拶、周りは見てて気持ち良いですね。

     

    どんなに仕事が忙しくて心が荒みそうになった時でも

    自分ひとりが大変なばっかりじゃないんだ、皆も頑張ってるし、自分も頑張ろう。

    と思える仲間がいて、恵まれているなと思います。いつもありがとう。

     

     

    最近は、三重の川でBBQをしたり、福井の越前まで行って海でひたすら浮かんで笑って楽しかったり

    お魚をたくさん食べて、大阪でタコ焼きも食べて、夏をなかなか謳歌できているのかなと思います。

    下半期も頑張ります!

     

    以上、緑店の木村がおおくりいたしました~!

     

    問合せ・資料請求・見積り依頼はこちらへ

     

      0120-168-373 


    24時間対応資料請求専用留守番電話

       052-304-9740

     

    ↓↓↓ホームページはこちら↓↓↓ 

     
    ★塗装は愛知名古屋の外壁塗装専門店へ★

    ☆お見積り・ご相談・資料請求無料!!お気軽に☆

    株式会社南建設 塗替え道場 
    フリーダイヤル 0120-168-373

    愛知エリア
    ■本社
    〒455-0801
    愛知県名古屋市港区小碓4丁目99番地
    TEL 052-304-9313
    FAX 052-304-9314

    ■緑店
    〒458-0801
    愛知県名古屋市緑区鳴海字山下88番2
    TEL 052-893-9810

    ■一宮店
    〒491-0836
    愛知県一宮市丹陽町多加木字浅間堂15-1

    ■春日井店
    〒486-0855
    愛知県春日井市関田町3-56-2 
    TEL 0568-37-1791

    ■津島店
    〒496-0047
    愛知県津島市申塚町1-89

    ■名東店
    〒465-0003
    愛知県名古屋市名東区延珠町508

    ■刈谷店
    〒448-0844
    愛知県刈谷市広小路5丁目35

    岡崎店
    〒444-0014
    愛知県岡崎市若宮町1丁目78番地
    TEL 0564-83-5651

    ■小牧店
    〒485-0082
    愛知県小牧市村中331番地

    ■豊田店
    〒471-0845
    愛知県豊田市田中町5-39

    ■豊橋店
    〒440-0085
    愛知県豊橋市下地町2丁目54

    ■半田店
    〒475-0836
    愛知県半田市青山4丁目7-10

    三重エリア
    四日市店
    〒510-0836
    三重県四日市市松本3丁目12-16

    ■桑名店
    〒511-0934
    三重県桑名市赤尾1012番地 

    岐阜エリア
    ■岐阜店 
    〒501-2565
    岐阜県岐阜市福富151番地1

    ■多治見店
    〒507-0033
    岐阜県多治見市本町7丁目45
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    • お問い合わせ
    • Call:0120-168-373
    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ