外壁・屋根の塗装リフォームなら塗替え道場にお任せ下さい!名古屋市を拠点に愛知・岐阜・三重に15店舗、その他の地域もご相談ください!

  • ホーム > 
  • アドバイザースタッフの現場レポート > 
  • モニエル瓦の塗装について
  • モニエル瓦の塗装について

    モニエル瓦の塗装について

     

    こんにちは!愛知・岐阜・三重の外壁塗装専門店 塗替え道場の尾関です。

    今回はモニエル瓦についてお話させて頂きたいと思います!

    まず、モニエル瓦とは、ヨーロッパ発祥のセメント瓦の一種で、セメントと川砂を混ぜ合わせて作られる乾式コンクリート瓦のことです。

    主な内容成分がセメントであるため、塗装しなければ瓦自体に防水性能はありません。

    モニエル瓦はセメント瓦の一種ではありますが、瓦表面の処理が特殊なため通常のセメント瓦とは少し違うんです!

    成型されたモニエル瓦には、着色スラリー(セメント、砂、骨材、顔料懸濁液の水和硬化層)というセメントの着色剤を厚めに塗られており、

    さらにその上をアクリル樹脂系のクリアー塗料で覆って完成させます。

    施工性が良く、豪雨や強風にも耐える防水性を備えています。また、断熱性や耐震性にも優れているだけでなく、デザインにも多様性がある大変有能な屋根材なんです。

    しかし、有能であるモニエル瓦は塗装するとなると数ある屋根材の中でも1番厄介な屋根材とも言えます。

    なぜかというと、モニエル瓦には着色スラリーという着色剤を塗っているため、瓦の表面には「スラリー層」と呼ばれる層が出来ています。

    モニエル瓦を塗装する場合は、このスラリー層を綺麗に取り除いた後に塗装を行う必要があります。

    もし、このスラリー層が残った状態で上から塗装してしまうと劣化したスラリー層と一緒に塗装が剥がれてしまう原因となってしまうからです。

    じゃあどうすれば塗装出来るの?と疑問に思うかもしれませんが、モニエル瓦を塗装する際には

    下塗りに水谷ペイントさんのスラリー洋瓦用シーラー(1液型エポキシ樹脂塗料)を使えば問題なく塗装出来ます!

    では、施工中と完成のお写真をどうぞ!

     

    高圧洗浄

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    下塗り1回目

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    下塗り2回目

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    上塗り1回目(中塗り)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    中塗り(1回目)完了

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    上塗り(2回目)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    上塗り(2回目)完了

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    全体完成写真

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    • お問い合わせ
    • Call:0120-168-373
    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ