外壁・屋根の塗装リフォームなら塗替え道場にお任せ下さい!名古屋市を拠点に愛知・岐阜・三重に15店舗、その他の地域もご相談ください!

  • ホーム > 
  • 専門用語集
  • 塗装お役立ち豆知識

    • 塗料紹介
    • 塗装用語集
    • 業者選びの秘訣

    目次

    あ行

    相見積もり(あいみつもり)

    複数の塗装業者から見積もりをとり、一番に条件の合う業者を決定する事。
    メリット:競争原理により、費用を相場価格に抑える事ができる。
    デメリット:過剰な競争が手抜き工事につながる・発注者にある程度の知識が無いと混乱・トラブルの元になります。

    アク止め(あくどめ)

    コンクリート、モルタル等のセメント系被塗装物から、析出するアルカリを止めるアルカリ析出抑止剤の事を言います。

    朝顔(あさがお)

    塗装工事の際、落下物防止のため、足場に付けられた防護柵の事です。

    アクリル系タイル吹きつけ(あくりるけいたいるふきつけ)

    アクリル樹脂系の厚塗り吹き付け塗料を使い、仕上がり状態がタイル状に見える、吹きつけ塗装仕上げの一つです。

    アジアンテイスト(あじあんていすと)

    アジアンテイストとは、東南アジア風やバリ島風等アジア地域の雰囲気を住まいやインテリアに取り入れる事です。

    雨養生(あめようじょう) 

    被塗装面に雨が当らない様、ブルーシートやビニールで覆う事です。

    アルキド樹脂塗料(あるきどじゅしとりょう)

    アルコールと酸の縮合反応によって生成する樹脂を用いた塗料の事です。速乾性、接着性、耐衝撃性、及び耐久性に優れています。アルキド樹脂の欠点は、対アルカリ性に弱く、退色しやすい部分です。

    アミノ樹脂(あみのじゅし)

    メラミンーホルムアルデヒト=メラミン樹脂の事です。塗料としては、屋外度の耐久性に乏しい。水や洗剤等の耐久性がある為、洗濯機の塗装用塗料としても使われます。

    アルデヒト(あるでひと)

    アルデヒト基―CHOを持つ化合物の総称。ホルムアルデヒト、アセトアルデヒト等があります。特にホルムアルデヒトは室内環境汚染の原因と言われています。

    アルミニウムペイント(あるみにうむぺいんと)

    アルミニウム粉とワニスから作られた銀色の塗料です。

    アンダーコート(あんだーこーと)

    塗装工事に大切な下塗りの事です。

    上げ裏(あげうら)

    軒天の天井部分など上方に設けられたもので下から見える部分。

    足場(あしば)

    工事現場などで作業する際に造る仮設の作業床や通路のことです。外壁塗装工事の際にも使用します。
    張出し足場、吊り足場、吊り棚足場、丸太足場などがある。
    足場の組立方として、一側足場、吊り足場等といった種類の足場もあります。

    移動式足場(いどうしきあしば)

    移動式足場とは、タワー状に組んだ枠組構造の最上層に作業床を張り、脚柱の下端に脚輸を備えた足場の事です。ローリングタワーとも呼ばれます。足場の高さを容易に変える事ができ、しかも、人によって容易に移動できる為、天井や壁等の仕上げ工事等で使用されています。

    色温度(いろおんど)

    色温度とは、単位:K(ケルビン)黒体:(炭で近似される)の色を、その際の絶対温度で表した値の事です。

    ウエス(うえす)

    布のことを指す。塗装工事の拭き取り作業に使います。

    ウッドシーラー(うっどしーらー)

    木材用のシーラー材の事です。

    打ち放し(うちっぱなし)

    コンクリートを打ち込んだままの壁面を仕上げ面とするものです。無機質でモダンな感触が好まれて、商業ビル、マンション、個人住宅まで幅広く取り入れられています。

    ウレタン樹脂塗料(うれたんじゅしとりょう)

    ポリオールとポリイソシアネート化合物とで反応生成したウレタン結合を有する樹脂をビヒクルとする塗料の事を言います。水性、ターペン可溶、溶剤型、2液タイプ等があります。 付着性、たわみ性、耐候性(無黄変性)、耐薬品性に優れています。

    ウレタン防水(うれたんぼうすい)

    ウレタン防水とは、熱帯の酷暑や、寒冷地の酷寒にも耐えられるウレタンを防水材に使用し、ニーズによって他のシート材等と複合構成させたり、ウレタンの厚みや材質を変えたり、仕上げに機能を与えたりして利用出来ます。
    その為、屋根雨漏り修理や、ビル改修防水工事に適しています。
    また、環境に優しい材料の組み合わせで施工でき、主に「蜜着工法」、「通気緩衝工法」、「機械的固定工法」の3種類の工法があります。

    ウールローラー(うーるろーらー)

    耐水研紙などの芯筒に繊維網を植毛した塗装具です。
    回転軸を持ったハンドルにこの筒を取り付け、毛に塗料を含ませて、手によって転がし塗装します。
    刷毛よりも熟練が要らず均一な塗膜を塗り付ける事が出来ます。毛の長さ(短毛、中毛、長毛など)、寸法、毛の素材を用途や塗料の種類、仕上がり、下地の状態に合わせて選択します。

    上塗り(うわぬり)

    塗装の下塗り、中塗りの後に塗る仕上げ塗り工程の事です。この上塗りの良否が、仕上がり後の美観性と耐久性に大きく関わってきます。外壁塗装では、トップコート、トップとも言います。

    エアスプレー(えあすぷれー)

    塗料を霧状に噴出する塗装工具。

    エアレススプレー(えあれすすぷれー)

    塗料を60~200kg/cm2の高圧まで圧力を加えて吹付けを行う塗装工具。

    ALC(えーえるしー)

    気泡コンクリートのこと。軽量で内外壁や屋根、床用の建材として広く使われています。

    エコマーク(えこまーく)

    エコマークとは、環境庁の指導で(財)日本環境協会が実施しているエコマーク事業で、日常生活に伴う環境負荷を低減し、環境保全に役立つと認められる商品につけられる認定マークです。
    認定基準は、商品の製造・使用・廃棄等による環境負荷が他の同様の商品と比べ、相対的に低い事等が挙げられています。

    SOP(えすおーぴー)

    SOPとは、合成樹脂調合塗料の事です。不透明仕上げの合成樹脂塗料で、合成樹脂のフタル酸を用いて、油性調合ペイント塗(オイルペイント)の欠点である、乾燥時間の長さや表面の劣化・光沢等を改良したものです。
    主に建物内外部の鉄部や内部の木部に用いられます。

    エッチングプライマー(えっちんぐぷらいまー)

    ブシラール樹脂、クロム酸塩、リン酸等を主成分とする金属表面処理用塗料の事です。
    金属面にリン酸皮膜を形成して塗料の付着性を向上させ、錆止め効果があります。短期暴露型で系金属や 亜鉛メッキ面に有効なタイプと長期暴露型で次工程塗装まで数か月の屋外暴露に耐える鋼材用があります。

    FRP(えふあーるぴー)

    FRPとは、Fiber Reinforced Plastics(繊維強化プラスチック)の略称です。一般にプラスチック系の材料として分類されますが、その特性はむしろ金属系の材料や木材の特性に匹敵し、比重に対する強度の割合が大きい為、「鉄より強く、アルミよりも軽い」材料として、広く活用されています。

    エポキシ樹脂(えぽきしじゅし)

    エポキシ樹脂注入とは、補修工事クラックカ所に穴を開け、その中にエポキシ樹脂を注入して、ひび割れを接着・補修するという工事です。モルタルを塗り込む方法もあります。いずれも基礎の耐震補強工事ではなく、補修工事の範疇です。但し、基礎のクラックが4カ所以上ある等、劣化が著しい場合には、本格的な耐震補強工事が必要です。

    エマルション塗料(えまるしょんとりょう)

    エマルション樹脂を使用して作られた塗料。水で希釈でき、塗装後は水の発散過程で固まる。

    縁切り(えんぎり)

    屋根材の重なり部分で塗料のたまった切片部分をハケなどで横方向に塗料をそぎ取ったり、皮すきなどで余分な塗料を除去すること。

    凹凸模様仕上げ(おうとつもようしあげ)

    塗装の際、塗料で凹凸をつけて、豪華さや高級感をかもし出す仕上げのこと。

    OP(おーぴー)

    合成樹脂調合ペイント。

    オーガニック(おーがにっく)

    「オーガニック」とは英語の「Organic」のことです。「有機の」とか「有機的な」といった意味があります。

    オイルフィニッシュ(おいるふぃにっしゅ)

    オイルフィニッシュとは、木材の素地に塗膜を作らず木材にオイルが浸透し、その後オイルが堅くなる塗装法です。一般に良く使われる塗装法です。主に、木製家具の仕上げ塗装に使用されます。

    か行

    開口部(かいこうぶ)

    換気・採光・出入り用に設けられた窓の事です。出入り口・換気口等を言います。

    外装(がいそう)

    外装とは、建築の屋外にあたる部分の装飾、壁面仕上げ、屋根、外構の事を指します。建築、塗装する地域や地区によって、外壁塗装や屋根塗装の下地、仕上げに制限が掛かる事があります。

    外壁塗料(がいへきとりょう)

    外壁塗料とは、外壁塗装用の塗料の事です。一般に内壁用の塗料より、耐久性や汚れにくさ、塗装範囲が大きい為、経済性も求められます。

    架橋型塗料(かきょうがたとりょう)

    塗料中のポリマー分子間で 化学反応を起こし、3次元的な網目構造を形成して塗膜となる塗料の事です。熱硬化型塗料、酸化重合型塗料、2液型塗料等があり、工業製品や鋼構造物等はこの塗料を使用する事が多いです。

    かき落とし(かきおとし)

    塗り壁仕上げの一つ。モルタル等の厚めに塗った壁材の表面をかき落として、独特の微妙な凸凹を出す仕上げ方。

    笠木(かさぎ)

    塀や手摺、パラペットなど上部分を覆っているコンクリート、木材製、金属製、石製などの笠状の部分。

    可使時間(かしじかん)

    エポキシ樹脂やウレタン樹脂などの塗料缶を開けたり、二液型の材料を混合してから使えるまでの時間。この時間を過ぎると材料が硬化し使えなくなる。

    架設(かせつ)

    架け渡すこと。電線架設、橋架設。

    カーテンウォール(かーてんうぉーる)

    張り壁の一種。工場内で作られた外周壁のこと。

    カビ対策(かびたいさく)

    日本は、高温多湿という気候条件の為、換気がしやすく、開放的な木造住宅が主流でしたが、戦後、コンクリート構造で気密性が高く、外気を遮断しやすい「閉鎖的な住宅」が増え、室内に湿気が溜まりやすく、カビが繁殖しやすい条件が揃っています。更には、高断熱、高機密な住宅が増え、カビの繁殖を助けています。対策としては、十分な換気と除湿を徹底的にする事が一番です。特に、室内が結露しないようにする事が大切です。

    がらり

    羽を取り付けた窓。

    カラーベスト(からーべすと)

    葺屋根の石綿スレート葺の一種です。カラーベストは、セメントと特殊鉱物質を主原料として、平形に成型・彩色された屋根葺材で、高密度で均一な結晶構造もち、軽量で吸水率・伸縮率・含水率が少ない不燃材料です。→スレート葺とも呼ばれます。

    顔料(がんりょう)

    円形の粒子で水や溶剤に溶けず薄く塗装した後に色彩を付与する性質がある。

    寒冷紗(かんれいしゃ)

    目の荒い薄地の織物。塗装の素地ごしらえ、塗膜の補強材として使われる。

    乾燥パテ(かんそうぱて)

    乾燥パテ(乾燥硬化形)とは、 炭酸カルシウムなどを主材としたパテで、乾燥する事により硬化します。

    生地仕上げ(きじしあげ)

    着色せずに、木地にそのまま透明塗料を着色する為、素材の色が濡れ色となって仕上がります。透明の漆を塗った様な仕上げです。 チーク・ケヤキ・ローズウッド・シタン・コクタン等の木の仕上げに多いです。

    希釈(きしゃく)

    濃度を下げる為、媒体の量を増加する事です。

    機能性塗料(きのうせいとりょう)

    素地の保護・意匠性の付与以外の機能を持つ塗料です。蛍光塗料、示温塗料、滑り止め塗料、磁性塗料、電波吸収塗料、張り紙防止塗料等があります。

    切り妻(きりつま)

    屋根が二面の形の建物の事です。

    金属屋根(きんぞくやね)

    アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板で葺かれた屋根の事。ガルバリウム鋼板は、高い防食性を生かして、建物の外壁や屋根の材料、或いは、雨樋やベランダ周り等の各種建築材料として、近年使用が増加しています。

    クレーター仕上げ(くれーたーしあげ)

    吹付けタイルの模様の一種で、噴火口の大小が分布しているような仕上げの事を言います。 初期のセメント系複層吹付け材で全盛期に良く使用されましたが、最近はほとんど使われません。

    クロム(くろむ)

    硬くて錆びにくい性質を持ち、メッキ処理やステンレスの原料、錆び止め顔料に使用される金属の一種です。
    塗装する際は有毒性があるため防護服などを着用し施工することが多い。

    クラック(くらっく)(亀裂)

    温度変化や振動によって起こる割れ目。割れが深くまで及んでいる状態をクラック、浅いものをヘアクラック(微細亀裂)と言う。

    結露(けつろ)

    暖房を切った後に、建物内部に起こる現象で湿った空気が露点以下になった時に、空気中の蒸気が液体になること。

    ゲル化(げるか)

    ゲル=コロイド状。溶液の蒸発、冷却または化学変化などによって、ゼリー状の固体になること。

    ケレン(けれん)

    塗装面の錆、ホコリ、旧塗膜を除去する作業の事を言います。ケレンを充分に行う事が塗装後の塗膜に耐久性を持たせる秘訣です。

    硬化剤(こうかざい)

    2成分型の塗料・シーリング材・防水材に規定の割合で配合させる事により、塗料・シーリング材・防水材を固形化させる働きのある物の事です。

    硬化促進剤(こうかそくしんざい)

    塗料成分の中に硬化剤の他に反応を促進する為に触媒的な働きをする物の事です。

    硬化不良(こうかふりょう)

    一定の時間が過ぎても塗料、防水材、シーリング材等が硬化・乾燥しない事を言います。主な硬化不良の原因は、混合ミス(決められた一定の割合での混合をしていない場合) 、撹拌ミス(不十分な撹拌をした場合、空気をかませた場合)等です。

    公共事業(こうきょうじぎょう)

    中央政府や地方公共団体が、市場によっては適切な量の供給が望みにくい財・サービスを提供する事業の事です。一般には、サービス主眼の公益事業と区別されます。

    合成樹脂エマルション系薄付け仕上げ塗材(薄塗材E)
    (ごうせいじゅしえまるしょんけいうすづけしあげとざい) 

    合成樹脂エマルションを結合材とし、細骨材、充填材、着色剤を混合したものです。内外装に吹付けによって、砂壁模様に仕上ります。アクリルリシン、樹脂リシンとも呼ばれます。基材同等防火材料第0004号です。

    工程(こうてい)

    塗装工事など全工事から割り出された部門別作業計画のこと。

    高圧洗浄器機(こうあつせんじょうきき)

    電動式ポンプで水や温水を圧力しノズル(噴射)から噴出させて、壁面を洗浄する機械のこと。塗装工事の際も高圧洗浄器機で汚れを落としてから塗装することで耐久率を大幅に高めます。

    腰壁(こしかべ)

    窓台から下方の床までの間の壁。腰の部分にある壁。

    碁盤目試験(きばんめしけん)

    塗膜の接着力を調べる検査方法。塗膜にタテとヨコ2mm間隔にカッターを入れ、セロテープで引き剥がし接着力を測る。

    さ行

    砂骨ローラー(さこつろーらー)

    ポリウレタン樹脂系の発砲体を円筒状にして芯筒に接着、回転軸を持ったハンドルを装着して、発砲体に塗料あるいは塗材を含ませ転がす。

    サッシ(さっし)

    窓枠と窓框の総称。スチール製、アルミニュウム製のものが多い。

    三次元構造塗膜(さんじげんこぞうとまく)

    多くの分子と架橋構造を持つ塗膜です。架橋が密に行なわれるので、緻密で強靭な塗膜を形成します。

    サンダー(さんだー)

    モルタル、金属素地を研磨する際に使用します。ディスクサンダー、オービタルサンダー、振動ベルトサンダー等があります。

    サンドペーパ(さんどぺーぱー)

    素地を研磨する際に使用します。ペーパーの種類は、紙、含浸紙(ゴムを含んだ紙)、布の3種類があり、布製は水研磨もできます。(40~120番錆落とし等、ボード・木類の下地研磨180~320番、木部の仕上げ280~400番、家具調仕上げの場合は、400番以上のものを使用します。)

    JASS

    建築工事の標準化を目指し、日本建築学会が工事別に分類して定めた仕様です。我が国の権威ある標準仕様として諸官公庁、および民間の設計建設会社がこれを採用しています。

    JIS

    工業標準化に基づき、鉱工業製品の品質を定め、これを調査会の議決をもって指定商品化し、通産大臣の許可を得て表示します。品質管理の安定が目的です。

    下塗り(したぬり)

    塗装、防水工事等で上塗り材の接着力の向上、補強として塗られる塗材の事です。

    自然塗料(しぜんとりょう)

    植物樹脂や植物油を使った天然素材をバインダーにした塗料です。主に木部用に使われています。DIYを中心に広まってきています。中には、自然塗料と称して、揮発性有機溶剤をかなり含有させたものを販売している事があるので、注意が必要です。

    下地調整(したじちょうせい)

    下地の乾燥、汚れ、付着物の除去、穴埋め、吸い込み止めやアルカリ止めなどのために下塗り(専用シーラーなど)を施し、施工に適する下地に整えること。

    下地補修(したじほしゅう)

    素地面の補修工事。凹凸や亀裂、欠損などを削ったり、埋めたりする作業。塗装の前に補修工事を行います。

    シックハウス症候群(しっくはうすしょうこうぐん)

    建物に使われる建材に含まれる有害化学物質が原因で、居住者がめまいや吐き気、頭痛などの体調不良を引き起こす症状。

    シート防水(しーとぼうすい)

    合成ゴムや合成樹脂を原料に積層成形した合成高分子シートを、接着剤で貼り付け防水する。

    遮熱塗料(しゃねつとりょう)

    遮熱塗料を塗装すると、省エネ効果がある塗料で、夏期の太陽熱を反射させ、温度の上昇を防ぎ、室内環境の向上、冷房費の節約に役立ちます。遮熱塗料には、ベースコートに中空バルーンを含ました複層仕上げになるものと、トップコートに遮熱含量が含まれる物の2種類があります。各メーカー大体、15~18℃位下がると説明されています。室内温度には、約1~2℃の緩和効果あります。

    ジョイント(じょいんと)

    継ぎ目、合わせ目のこと。

    仕様書(しようしょ)

    塗装工事の内容を詳細に記載した書類。使用材料、施工方法などが書かれている。

    シーラー(しーらー)

    下地への吸い込み防止、耐アルカリ性、密着性向上の効果がある下塗り塗料。

    白木仕上げ(しらきしあげ)

    塗装による濡れ色が出ず、生地の色がそのまま表現され、あるいは強調される何も塗ってない様な感じに仕上ります。手垢等の汚れを防ぎ、白さが長持ちします。塗料は、無黄変タイプのクリア塗料を使用する事が条件になります。

    シリコン樹脂(しりこんじゅし)

    ケイ素(シリコン)を主成分とする合成樹脂。塗料や接着剤の原料になる。

    シーリング材(しーりんんぐざい)

    接合部やひび割れなどの水密、気密を維持させるための充填材。

    シーリング工事(しーりんぐこうじ)

    シーリング工事とは、金属カーテンウォールの接合部、窓ガラスの固定、壁石の化粧目地等に、シーリングガン(コーキングガン)で防水性の高いシーリング材を打ちます。

    スチップル(すちっぷる)

    ゆず肌模様。細かな凹凸模様のこと。

    セメントフィラー(せめんとふぃらー)

    合成樹脂エマルションを混合したセメント補修材。

    セメント防水(せめんとぼうすい)

    モルタルまたはコンクリートの吸水及び透水を防ぐために、隙間の充填や石灰の溶出を防ぐものなどがある。

    セラックジュシ(せらっくじゅし)

    カイガラムシの一種であるセラック虫が自分の身体を守るために分泌する樹脂が成分の自然塗料です。

    セラミック塗装(せらみっくとそう)

    セラミック塗装とは、大理石等の天然石に似た肌合いを持ち、陶磁器と同じで、砂を1200~1400℃で焼いて発色させている為、色褪せが無く、いつまでも美しい色調を保持出来ます。仕上げ工程に、シリコーントップコートでコーティングし汚れも付きにくく、水洗いも可能です。外装、内装問わず使用でき、高級感がでるのが特徴です。

    増粘剤(ぞうねんざい)

    塗料の粘度を上げて、施工性を向上させる物の事です。代表的な物はペンナイト・メチルセルロースなどです。

    増膜(ぞうまく)

    塗膜を造るという意味です。

    促進試験(そくしんしけん)

    材料に各種の条件を与えて長時間かかる材質変化を短時間で変化させる試験。ウェザーメーターなど。

    素地・下地(そじ・したじ)

    塗装されていない面を素地。塗装対象の塗装面を下地という。

    素地調整(そじちょうせい)

    塗装のために塗装対象素地面を整えるための作業。

    た行

    耐久性(たいきゅうせい)

    塗装施工後、長期間に渡って、その性能を保持できる程度や性質の事を指します。

    耐用年数(たいようねんすう)

    塗膜の性能が持続する期間の事を言います。

    多彩模様塗料(たさいもようとりょう)

    チョーキングの防止剤の事です。代表的な物は、ハルス等です。

    耐候性向上剤(たいこうせいこうじょうざい)

    複数の色を斑紋状にちりばめた塗膜が得られる塗料です。塗料中に溶け合わない色の異なる塗料を懸濁させた非相溶形と、着色したポリマー粒子等を着色骨材に用いたものがあります。

    ダクト(だくと)

    風道のこと。長方形あるいは円形の空気の送風用、換気用などの用途がある。

    タッチアップ(たっちあっぷ)

    塗膜に生じた細かな傷など、その部分のみ補修塗りする事をタッチアップと言います。

    タック(たっく)

    塗装工事で使われるタックという単語は、シーリング材や塗装した塗膜が収縮した状態の場合等に使われます。シーリング材の上から塗装する場合には、塗膜の収縮防止の専用プライマーをおススメします。

    ターペン(たーぺん)

    ターペン=ミネラルスピリット・塗料用シンナーは同様の意味で、原油を蒸留して得られる脂肪族炭化水素系の混合溶剤の事です。主に合成樹脂系塗料、弱溶剤系塗料の希釈材として使用されます。ちなみに、ターペン可溶という意味は、「塗料シンナーで希釈する」事です。

    建端(たっぱ)

    軒やパラペットなどの頂部の高さを意味する現場用語。

    垂木(たるき)

    屋根板を支える角材で、勾配に沿って、棟木、母屋、軒げたに掛け渡す部材の事です。

    単管足場(たんかんあしば)

    単管足場とは、かつて一般的に用いられていた丸太足場に代わり、鋼管を主体とした足場として普及したもの。建地、布地、腕木、足場板、大筋かい、緊結金具、単管ジョイント、固定ベース金具、壁繋ぎ用金具等の部材で構成されており、本足腸、棚足場、一側足場等として使用されています。

    弾性塗料(だんせいとりょう)

    コンクリートのひび割れに追従し、ゴム状に伸びる塗料の事です。弾性塗料には単層タイプ・複層タイプのものがあります。

    ダンベル試験(だんべるしけん)

    ダンベル型に打ち抜いた試験片を使い膜物性(伸び、引っ張り強度)を測定すること。

    単層(たんそう)

    中塗り・上塗り、上塗りのみの工程のうち、同一材料で仕上た塗膜。

    蓄光塗料(ちくこうとりょう)

    蓄光塗料とは、太陽光や蛍光灯等の光エネルギー(紫外線)を吸収して、暗闇で 徐々に光を放出する材料の事。夜光塗料とも呼ばれています。吸収する光エネルギーが強ければ強い程、より明るく、長時間発光を続け、弱ければ発光も暗く、 時間も短くなります。現在、主流となっているアルミナ系酸化物は、有害物質は全く含まれず、極めて安全な材料で、耐候性や耐熱性に対して極めて安定しており、半永久的に発光を繰り返します。

    中性化(ちゅうせいか)

    セメントモルタル、コンクリートが大気中の炭酸ガスなどの影響で、アルカリ性が低下していく減少を言う。

    チョーキング(ちょーきんぐ)

    白亜化。塗膜表面が紫外線や温度変化、水分などが長時間作用して、樹脂分解や顔料変質を引き起こし、塗膜から白色の劣化物が付着した状態。

    ツノジ(つのじ)

    塗装工程で、3回塗りの事です。

    妻壁(つまかべ)

    シェル構造の妻部に設ける壁状の補鋼材のこと。一般的には中層建物で窓のない両側の壁。

    テクスチャー(てくすちゃー)

    仕上げ模様。パターンの意。

    鉄筋爆裂(てっきんばくれつ)

    コンクリート中の鉄筋がさびて膨張しコンクリートが剥落した状態。

    テラス(てらす)

    庭園や街路に張り出したコンクリートやレンガなどを敷き詰めた場所。

    添加剤(てんかざい)

    可塑剤、増粘剤、耐光性向上剤等、塗料の性能を補助し、塗膜形成の副溶剤となる材料の事です。

    天然脂(てんねんあぶら)

    天然素材が由来で、塗膜を形成する為の主要素です。代表的な物は、あまに油・桐油等です。

    天端(てんば)

    上面、頂部。下端の対語。

    透湿性(とうしつせい)

    水蒸気を透過させる性質を有すること。

    透過性防水塗材(とうかせいぼうすいとざい)

    無機有機複合型の塗料です。通気性を持たせながら防水効果も持たせたものです。通気がある為結露が起きにくく、コンクリート躯体に適しています。その反面、色数が少なく、中性化防止効果も少ないです。

    とおし刷毛(とおしばけ)

    塗料を縦横に塗り広げた後に、最後に端から端まで、まっすぐに通して塗る刷毛さばきの事です。

    塗装(とそう)

    塗装とは、材料の表面を塗料の皮膜で覆う表面処理の一つ。

    塗装工事(とそうこうじ)

    塗装工事とは、主に外壁の塗装に関する工事。塗装工事の代表的な例としては、ヒビ割れ防止や防水の為の外壁の塗り替えや、金属部の腐食を抑える為に行われる塗り替え等があります。

    塗装間隔(とそうかんかく)

    工程が終わり、次の塗装作業ができるまでの間隔時間。

    トップコート(とっぷこーと)

    塗装の仕上げ材として、壁面に用いられる塗料の事です。二次的な目的として、耐候性、耐汚染性等といった効果も得られます。一般的にはアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素等の樹脂の塗料が使われます。トップと呼ばれる場合もあります。

    戸袋(とぶくろ)

    雨戸を収納する部分の事を言います。

    塗付量(とふりょう)

    一定面積に塗った直後の塗料の量を指します。

    取合(とりあい)

    構造物の接合部分のこと。

    トルエン(とるえん)

    芳香族炭化水素化合物の代表格です。無色透明で、強い芳香があります。塗料接着剤、印刷インキ等、現在多くの溶剤製品に使われています。ネズミによる経口毒性(LD50)は500mg/kgです。

    な行

    内部結露(ないぶけつろ)

    建築物の内部に生じる結露のこと。

    中塗り(なかぬり)

    塗装の際の上塗り前の工程のこと。

    難燃性防火塗料(なんねんせいぼうかとりょう)

    木材等の可燃性物の上に塗って着火しにくくし、延焼を遅らせる塗料です。発泡型と非発泡型があります。

    2液型塗料(2えきがたとりょう)

    主剤と硬化剤(添加剤と記載している場合もあります。)を正確に撹拌させる事によって、化学反応させて硬化する塗料の事です。施工の際には、攪拌方法、可使時間、配合比による硬化不良に注意する必要があります。

    二酸化チタン(にさんかちたん) 

    人体に無害で化粧品にも使用されています(ファンデーション)。その光分解能力が注目されいろいろな分野で応用製品が研究されています。白色塗料に古くから使用されています。

    二面接着(にめんせっちゃく)

    シーリング工事に於いて、サイディングの目地等のシーリング充填施工を行う場合、シーリング材充填部の底面にボンドブレイカーを貼り、底面を接着しないよう、左右部材同士のみ接着する方法です。目地が深すぎる場合は、バックアップ材を詰めて深さを調節してからシーリング材を充填します。

    人工(にんく)

    人工とは、ある一定の仕事をする為に必要な職人の人数の事。大工工事・左官工事・塗装工事等では、建物の規模や仕様に応じて、坪数当たりで何人工と見込んで、手間の算出がなされます。

    塗り代(ぬりしろ)

    しっくい、モルタル、塗料などの塗り膜厚の事を言います。

    は行

    ハイソリッド塗料(はいそりっどとりょう)

    塗装時の固形分が多く溶剤が少ない塗料の事を言います。
    有機溶剤排出規制に適応する環境対策対応塗料の一種です。

    暴露試験(ばくろしけん)

    屋外に試験対象物を置いて変化を調べる方法。

    刷毛(はけ)

    塗装工事の主役です。

    白化(はっか)

    塗膜から急激に溶剤が蒸発すると、壁面が冷えて水分が塗膜に凝結し、表面が白くなる事を言います。塗装後、急激に温度が下がった場合にも同様の現象が起きます。「ブラッシング」とも言います。

    パテ(ぱて)

    素地の傷を充填する際に使用します。
    パテの主な種類は、セメント系、炭酸カルシウム系、エマルション系、エポキシ系等があります。

    鼻かくし(はなかくし)

    軒先で、垂木の端を隠すために取り付けられた横板。

    巾木(はばき)

    壁の一番下の床につく部分に取り付ける横木のこと。壁面底部の損傷を防ぐ。

    破風(はふ)

    屋根の切髪についている合掌型の装飾板。あるいは破風板のついているところ。

    パラペット(ぱらぺっと)

    屋上、橋、吹抜け廊下、プラットフォームなどの構造で、その先端を保護するために設けられた低い手摺壁。

    バルコニー(ばるこにー)

    屋根のない手摺で囲んだ場所。

    微弾性フィラー(びだんせいふぃらー)

    微弾性フィラーは、硬化後も伸びがある為、微細なクラック等も充填出来ます。また、パターンローラーで凸凹・ゆず肌模様を付ける事ができる粘度の高い下塗り材です。高い防水機能を持ったものもあります。

    ビディ(びでぃ)(本足場)

    足場架構法の一つで、腕木上に足場板を架け渡して作業床にする。

    ビヒクル(びひくる)

    バインダーと揮発性溶剤を組み合わせたものをビヒクルと言います。塗料は、通常施工の際に塗料の分散効率を向上させる為、溶剤(水、各種シンナー)を希釈して使用します。過度の希釈は塗料の造膜安定性、耐久性、美観性を損なう事になります。但し、無希釈で使用する塗料もあります。

    ピーリング(ぴーりんぐ)

    はがれ、あるいははぎとりのことをいう。また膜やシートに切れ目を入れ引き剥がしテストをすること。

    ピロティ(ぴろてぃ)

    建物の1階、2階を列柱で支え、柱もしくは壁だけで地上階自由に通り抜けられる空間にしたもの。

    ピンホール(ぴんほーる)

    塗膜に生じた、針で通した様な微細な穴の事を指します。一般的にピンホールやクレーターは、施工中によく起こるトラブルです。乾燥中の塗膜から気泡がはじけて生じるのではなく、塗りツギ部分の未乾燥塗膜に生じた、低表面張力によって生じます。もちろん塗料を撹拌する際に過度な酸素を混入させたり、塗料の中にゴミが混入した場合も、ピンホール、クレーターが生じやすくなります。従って、下地処理や材料攪拌も、施工トラブルをなくす様にするには、とても重要になってきます。

    ピンニング工法(ぴんにんぐこうほう)

    モルタルの浮き部を補修する際、ステンレス製のピンなどを埋め込む工法。

    フィリング(ふぃりんぐ)

    塗膜が引っかき傷や表面の粗を隠す性能の事を言います。ニュートン流動(重力=液体が高い所から低い所へ流れる性質)が当てはまる塗料は、この様な性質を必ず持っています。しかし、乾燥する事によって、塗料中に含まれる液体(揮発剤)が蒸発する事によって塗膜が伸縮し、素地の引っかき傷や表面の粗が若干現れる場合があります。この様な場合に傷を隠蔽するには、再度、塗装(可能な限り)する事です。エマルション系塗料、NADアクリルつや消し塗料、つや消し単層弾性系塗料、各種フィラー材、各種タイル主材等が隠蔽力の高い塗料です。

    フェンス(ふぇんす)

    敷地外に対して境界を知らせる為のエレメントを、フェンスと呼びます。防犯が主で、プライバシー保護、通風等の目的の応じて、高さ、強度、素材デザインを選択する必要があります。

    吹き付け塗装(ふきつけとそう)

    塗料を霧状にして吹き付ける塗装方法。

    複層(ふくそう)

    下塗り・中塗り・上塗りでそれぞれ異なった材料で塗り重ねた仕上げ塗膜。

    付着力(ふちゃくりょく)

    一般的に塗料は、剥がれにくいものが望まれています。その塗膜の付着力は素地の表面粗さが大きく関わってきます。表面に適度な凸凹があると、塗料がその凸凹に入り込み、塗膜が剥がれにくくなります。ですから、塗装する前には素地の目均し及び、素地の状態を確認する事が必要になってきます。(しかし、あまりに素地の表面が粗い場合や、素地の劣化が著しい場合は、全ての凸凹や割れ目に=シーラー、プライマー等の下塗り材を塗らないと、素地の付着力は向上しません。)

    別途工事(べっとこうじ)

    別途工事とは、建築や塗装本体の工事を進める上で、必要になる付帯工事的なものと、室内器具についての細かい工事や外構工事等の事で、建物の本体価格に含まれない工事の事です。または、見積に含まれない工事の事。

    フッ素樹脂塗料(ふっすじゅしとりょう)

    一般的に言われるフッ素樹脂とは、形成するポリマー(高分子化合物)分子中に、フッ素元素を含む樹脂の事を言います。

    プライマー(ぷらいまー)

    塗装の際、下塗りに用いる塗料の総称。主に金属に使用される。

    ブラッシング(ぶらっしんぐ)

    塗面に、水蒸気が付着してツヤが無くなる事をブラッシングと言います。寒暖の差が激しい時に生じる品質トラブルです。

    不陸(ふりく)

    塗装面が平らでないこと。

    ブリスター(ぶりすたー)

    塗膜表面に生じた水泡や膨れのこと。

    ヘアクラック(へあくらっく)

    外壁などの細かなひび割れのこと。

    ベイクアウト(べいくあうと)

    屋内を密閉し、暖房をかけ放したまま24時間以上稼働させ、建築材料等の揮発性化学物質を放出させる。その後24時間以上、窓を開放して、揮発性化学物質を屋外に排出させること。

    ヘッド押え(へっどおさえ)

    主材を吹き付けた後、凸部をコテやローラーでならすこと。または乾燥後にサンダーで凸部を削り模様を整える。

    変性(へんせい)

    他の樹脂とブレンドする事です。 その種類と分類は無数にあります。
    塗料に使われる変性樹脂の一例:アクリルとシリコン・アクリルとウレタン・アクリルとエポキシ・アルキドとエポキシ・アルキドとシリコン・アルキドとアクリル・ポリエステルとシリコン・ポリエステルとエポキシ・セルロースエステルとウレタン・ウレタンとシリコン・エポキシとアミノ等

    ペンキ(ぺんき)

    塗料を総称した言い方です。

    ポリマー(ぽりまー)

    重合体。化合物の分子が重合して生成した化合物。

    ボーダー(ぼーだー)

    へり、ふち、端、境。

    ペーパー(ぺーぱー)

    サンドペーパーの略。

    ペントハウス(ぺんとはうす)

    ペントハウスとは、欧米のマンションやアパートで、最上階に作られる特別仕様の高級な住戸の事です。

    防カビ塗料(ぼうかびとりょう)

    カビの活動、成長を抑制する塗料の事です。防かび剤には、ベンツイミダゾール系殺菌剤が多く使用されています。

    芳香族炭化水素系有機溶剤(ほうこうぞくたんかすいそけいゆうきようざい)

    トルエン、キシレンを代表とするベンゼン環を持つ炭化水素系溶剤です。溶解性が強く、溶剤系の塗料の希釈剤として広く使われています。トルエン、キシレン等C9以下の炭化水素系溶剤は一般的に毒性が強いです。多量に摂取すると中毒を起こす危険性があります。

    ホットタイム(ほっとたいむ)

    2液型塗料の主材と硬化剤を混合した後に塗料を使用出来る時間の事です。=可使時間。

    ま行

    増塗り(ましぬり)

    仕上りや耐久性の観点から、下地が透けやすいエッジ部等を、他の部分よりも1回多く塗装しておく事を言います。

    マスカー(ますかー)

    養生ビニルと養生テープが一体となっています。紙製、ビニル製、タンカル製等があります。サイズ、形状は様々です。塗り替え工事の際、工期の短縮する為に使用します。

    マスキングテープ(ますきんぐてーぷ)

    塗装の際、作業箇所以外を汚さない為に貼る粘着テープの事です。マスキングテープは様々な、材質・粘着力・幅・色があり、使用用途によってそれらを使い分けます。

    マスチックローラー(ますちっくろーらー)

    (砂骨ローラー、パターンローラーとも呼ばれます。)
    単層弾性系塗料、微弾性フィラー材等、高粘度塗料の凸凹模様を付ける際に使用します。 網目の大きさは、様々です。

    マンセル(記号)

    色の性質を説明し、その表示方法を規定したもの。色相、明度、彩度の色の三属性を三方向に立体化する。

    見切縁(みいきりぶち)

    壁の隅など仕上げ材料が変わるところに入れる細かい材のこと。

    水洗い(みずあらい)

    水で素地を洗うこと。

    水切り(みずきり)

    雨水が壁面に伝わるのを防ぐため、窓台石や蛇腹の下面に設ける小溝。

    無機(むき)

    無機化学あるいは無機化合物。セメント系の材料をいう。

    無溶剤塗料(むようざいとりょう)

    揮発性溶剤を含まない無公害塗料の一種です。 不飽和ポリエステル樹脂や100%樹脂のエポキシ系、ウレタン系樹脂塗料及び、粉体塗料があります。

    目地(めじ)

    レンガやブロック造りなどの継ぎ目のことをいう。

    目地割り(めじわり)

    目地割りとは、予め目地を納まりよくする為に割り付ける事です。

    目透かし(めすかし)

    目透かしとは、二つの部材の接合部分に隙間をあける事です。また、板材の継目に隙間をとって張る目透かし張り「めすかしばり」や、その形状を指す場合もあります。

    目違い(めちがい)

    目違いとは、板やボードを継ぎ合わせた時に、その部分面が食い違い、同一平面とならない事を言います。

    面調整(めんちょうせい)

    塗装下地を塗装に適した状態にすること。

    メンテナンス(めんてなんす)

    保守のこと。

    モルタル浮き(もるたりうき)

    コンクリート・モルタル仕上げの躯体で、年数が経つにつれて、それぞれが分裂した状態のこと。

    モルタル欠落(もるたるけつらく)

    モルタルが破損し剥がれ落ちた状態。

    モルタル防水(もるたるぼうすい) 

    セメントと砂を水で練ったものに防水剤を混合して施工する工法。

    や行

    有機(ゆうき)

    有機化学あるいは有機化合物の略。

    ゆず肌スタッコ(ゆずはだすたっこ)

    自然石の風合いをそのまま生かした仕上げにするために、粗粒石膏や石灰質セメントなどを荒吹きして、重量感のあるゆず肌状にする工法。

    窯業系サイディングボード(ようぎょうけいさいでぃんぐぼーど)

    セメント質原料及び繊維質原料を使い板状に成形して、養生・硬化させたもの。

    溶剤(ようざい)

    塗料を溶かすための液体。

    養生(ようじょう)

    塗料が飛び散らないようにシートをかぶせること。

    寄棟(よせむね)

    屋根が四方向にある形の建物の事です。

    ら行

    ラッカー(らっかー)

    ラッカー(lacquer)は、一般的には無色または着色された塗料の一種であり、溶剤を揮発させる事によって乾燥すると硬くて耐久性の高い塗面を与え、磨き上げる事によって、非常に強い光沢と深みが得られる。

    リフティング(りふてぃんぐ)

    塗膜を重ねた時に下地や、旧塗膜が浮き上がってくる現象の事です。旧塗膜が脆弱な場合や弱溶剤系の上から強溶剤系塗料を塗ると生じる事があります。ですから、塗り替え工事の際には旧塗膜の確認が必要です。

    ローラー工法(ろーらーこうほう)

    ローラーブラシに塗料を含ませて、転ばせながら塗付する工法。

    わ行

    ワイヤブラシ(わいやぶらし)

    針金で作られたブラシ。素地の汚れやカビなどを落とすために使われる。

    • お問い合わせ
    • Call:0120-168-373
    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ