• ホーム > 
  • アドバイザースタッフの現場レポート > 
  • オススメの防水の仕様
  • オススメの防水の仕様

    オススメの防水の仕様

    こんにちは! 塗替え道場 本社アドバイザーの木村です!

     

    連日の猛暑の影響なのか、塗替え道場の職人さんはじめ、社長も含め

    社員一同、一周回ってテンションがやや高めな感じがします(*^_^*)笑

     

     

     

    さて、本題に入りますが、今回は防水工事の中でも

    「塩ビシート防水 機械固定工法」について、ご説明させて頂こうと思います。

     

     

    まず、ざっくりと、塩ビシート防水 機械固定工法のメリットについて!!

    安い(撤去・処分費が不要・費用対効果が高い)

    施工品質にブレがない

    ・高耐久(耐久年数が15年前後)

    ・既存の防水層の悪い影響を断ち切れる

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    機械固定工法は、既存の防水層をそのままの状態で、新しい防水シートを貼れるところが特長の一つです。

     

    灰色の部分は、既存の塩ビシート防水です。その上に、薄い緑色をした”絶縁シート”を貼りこみます。

    ”絶縁”という言葉の通り、既存の防水層を断ち切る役目を果たします。

     

    防水層の下から湿気の突き上げ等があった場合に、絶縁の処理がある防水の仕様は、

    新しい防水層への悪影響を及ぼすことがありません。

     

     

     

     

    そして、「機械固定工法」とは、塩ビシート防水の中の部材の中にある、鋼鈑をビス打ち固定の作業がある為です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    円形の「IHディスク鋼鈑」をビスを使用して固定していきます。

     

     

     

    続いて、端末用鋼板と入隅用鋼板を同様にビス打ち固定をしていきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ▲端末用鋼板

     

    ▼入隅用鋼板

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    各種、鋼鈑が固定できたら、いよいよ塩ビシート防水を貼りこんでいきます!!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    専用の機械で”熱溶着”させていきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ▼改修用ドレン を排水口(ドレン)へはめ込んでいきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    シートとシートは”熱溶着”となります!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ▲シートのジョイント部には、補強の為、さらに防水専用のシーリング材を打ち込んでいきます。

     

     

     

    さて、全体の完成図はこちら!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    と、ここまでが、塩ビシートー防水 機械固定工法の施工の流れとなります。

     

     

     

     

    シート自体が防水の役割を果たしており、それを貼りこんでいく施工の為、

    品質にバラつきが出にくいというメリットがあります(*^_^*)

     

     

     

     

     

    ところで、防水の仕様は、シート系と塗りもの系に大きく分かれます。

     

    【 シート系 】

     

    ・塩ビシート防水

     

    ・(ゴムシート防水)

     

    ・(アスファルト防水)

     

     

    【 塗りもの系 】(塗膜防水)

     

    ・ウレタン防水

     

    ・FRP防水

     

     

    おおよそ、このような感じで分類されます。

    ゴムシート防水・アスファルト防水は、改修の場面では

    採用されることが少ないので、括弧付きとしました。

     

    そして、この、塩ビシート防水とウレタン防水はさらに

    密着工法・絶縁工法と分かれます。

     

    ちなみに、ウレタン防水などの塗膜防水のメリットは、

     

    ・複雑な形状の現場に対応しやすい

    ・次回以降の改修時に、ウレタンを塗り重ね続けることができる

    (※塩ビシート防水 機械固定工法の場合、上に2回までは繰り返し可能。)

     

     

     

    現場の状況によってベストな防水の仕様は異なりますし、

    予算に応じた、プランの提案が複数あると、お客様も安心できますよね。

     

     

    塗替え道場では、防水の施工実績も数多くありますので、何なりとご相談くださいね(*^_^*)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    あ、塗装班の職長さんだった河井が、本社の営業チームの

    プランナー(現場管理 担当者)として、新しい環境下で、勤しんでおります!!!

     

    ひょっこりはん!!!!笑

     

     

     

     

     

    以上、木村のブログでした~!

     

     

     

     

     

     

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    • お問い合わせ
    • Call:0120-168-373
    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ