• ホーム > 
  • アドバイザースタッフの現場レポート > 
  • ベランダ防水 排水の構造・改修用ドレン
  • ベランダ防水 排水の構造・改修用ドレン

    ベランダ防水 排水の構造・改修用ドレン

    こんにちは!塗替え道場 緑店アドバイザーの木村です!

     

    もう年の瀬ですね。師走とはよく言ったもので、本当に瞬く間に

    12月は日々が過ぎていきます。実は10月から、本社所属から古巣の緑店への所属となり

    豊田市や刈谷市や岡崎市など、三河の地方を車を走らせ、

    景観を楽しみながら、日々営業しております。笑

     

    さて、本題へ入ろうかと思います。

    今回は、ベランダ防水や屋上防水の中でも、特に排水についてです。

     

    ベランダ裏にシミが??!

    写真をご覧いただくと・・・

    シミが広がっているのが、お分かりいただけますでしょうか?

     

     


     

     

     

    皆様のお家は、この写真のような感じで、ベランダを下から見上げた際に

    漏水し、シミが広がってたりはしていませんか?

     

    このような状態が見られる場合、ベランダ内部の排水口の周辺が劣化し、

    本来の正しい排水の流れができていない可能性がございます((+_+))

     

     

    軒裏天井を綺麗に施工してもらっても

    漏水が止まっていない状況では、折角の塗装工事が無駄になってしまいます・・・(*_*)

    そして、躯体内部を傷めてしまいます・・・(*_*)

     

    もしくは、現状このようなシミが広がっていない状況でも

    ベランダの排水口(ドレン)が経年劣化で排水が適切にできないようになっていくと

    いずれ、この写真のように、漏水してしまう可能性もございます。

     

    そもそも排水口(ドレン)ってどのようなもの?

     

     

     

     

    こんな感じで平場面に垂直方向に設置された排水口(ドレン)や

     

     

    立上り面に横向きに設置された排水口(ドレン)が、皆様のお家のベランダにもあるかと思います。

     

    排水が上手くいかなくなる原因としては、この排水口にあるドレン金具と

    内部にはる排水管との接続(ジョイント)部において、

    経年劣化で防水層やドレン金具に変形等の動きが生じ、隙間があいてしまうことが挙げられるかと思います。

     

    具体的には、塩ビシート防水やゴムシート防水が施工してある場合、

    防水シートとドレンとの取合いの部分が破綻する等して発生した隙間から、

    水が防水シートの中や、排水管の外側を通ってしまったりで、躯体内部へ侵入するケースがございます。

     

     

     

    図の赤丸部分が排水口(ドレン)部分で、青丸部分が防水層の立上り面と平場面です。

    要は、青丸と赤丸と取合いの防水性がないと、漏水の原因に繋がりえます。

     

     

    ちなみに、ウレタン防水やFRP防水等の塗膜防水でも同様のことが言えると思います。

    排水口(ドレン)と防水層との取合い部に対し、適切な処置ができているかは

    非常に重要なことであると思います。

     

     

     

    そこで、その劣化した排水廻りの性能を、復活・補強させる救世主がこちら・・・!!!

     

    改修用ドレンの設置で排水バッチリ!

     

    ジャジャジャン!!!!

    「改修用ドレン」です。

     

     

    日常の生活の中で見かけることのないこのフォルム、

    防水工事の上では、結構大切な役割を果たしてくるわけなんです。

     

    排水口にズボっと差し込んで、確実に排水管の中を水を通してあげることができる点と、

    筒部分と周りに広がる塩ビシートは熱溶着でガッチリ接合されているので、隙間があくことを

    予防していくことにも繋がる点にメリットがございます(*^_^*)

     

     

    排水口にズボっとはめて、まずはこんな感じに・・・!!

     

     

     

    この写真は、塩ビシート防水 機械固定工法の平場面の塩ビシート防水を貼る前の状態です。

     

     

     

    そして、平場面に塩ビシート防水を貼りこんだ後、熱溶着で改修用ドレンと結合させていきます。

     

     

     

    この施工は、塩ビシート防水やウレタン防水で施工可能です。

     

    ベランダ下の部屋で雨漏りしている場合や、ベランダ裏で今回説明したような

    状況が見受けられる場合は、改修用ドレンの設置を検討されるのも、

    ひとつの方法として良いかと思います(*^_^*)

     

     

    以上、木村でした~!

     

    • お問い合わせ
    • Call:0120-168-373
    ガイドブック請求
    お見積もり
    お問い合わせ