雨の日の塗装について

  1. 雨の日の塗装について

    こんにちは!春日井店プランナーの大谷です!!

    今回は、雨の日の塗装についてお話しします🌂

    雨の日は作業できるのか?

    雨の日は基本、塗装工事はできません。なぜなら、壁が濡れている状態で塗料を塗ることができないからです。

    壁が濡れている状態で塗装をかけてしまうと、塗膜が剥がれる原因になります。

    また、サイディングボードなど、外壁が水をしみ込んだ状態で塗膜を作ってしまうと、ボードが塗膜のせいで乾かず湿ったままになるため、外壁の劣化が急速に進みます。

     

    また、壁に塗った塗料が乾かないうちに雨に濡れてしまうと、せっかく塗った塗料が流れてしまいます。

    そうなると、塗料が流れたところに雨筋ができ、見た目が汚くなってしまいます。

     

    油性塗料・水性塗料、1液型・2液型でも関係なく雨の日は塗装作業はできません。

     

    雨の日に作業できないのは塗装作業だけでなく、シーリングや防水工事にも当てはまります。シーリングを打つ部分や、防水をするところが濡れていると、どうしても密着が悪くなってしまいます。

     

    雨の日でもできる作業はあるのか?

     

    足場の組み立て・解体と、高圧洗浄は雨でもできる作業です。

     

    足場の資材は濡れても特に問題はないので、天気関係なくできます。

     

    塗装をする前に、外壁についた汚れや旧塗膜を洗い流す高圧洗浄は、水を使って行う作業なため、雨でも問題なく行えます。

    雨が降ると工期は伸びる

    雨が降ると、その日は作業ができなくなるため、工期が伸びます。そのため、足場が架かる期間も伸びてしまいます。また、次の現場の工期にも影響が出るので、お客様も業者もいいことがありません。しかし、雨の日に作業することは耐久性や美観の為にはしてはいけないのです。

  2. 塗料の親水性について

    こんにちは!

    春日井店のプランナー、大谷です。

    最近はとても涼しくなり、肌寒く感じる日も増えてきましたね!

     

    さて、今日は塗料の親水性についてお話しようと思います。

    親水性が高いとは、水に溶けやすい・混ざりやすいことを言います。

    壁の表面で言えば、表面が水で濡れやすいことを言います。

    「濡れやすい」というのは、水滴が玉のようにならず薄く広がって水の膜ができる状態になります。

    親水性の高い塗料を使うと、表面が水と馴染み、汚れが水と一緒に流れやすくなります。外壁や屋根の汚れが雨で流れやすくなります。

    外壁についた汚れがおちやすいため、きれいな外壁を保て、塗膜が痛みづらくなります。

     

     

    画像の左上にある白い壁は親水性の高い塗料を使った壁です。

    右上のグレーの壁は、親水性の低い塗料を使った壁です。

    下の細長い画像は、真ん中の茶色い線から左が親水性の高い塗料、右が親水性の低い塗料を使っています。

    少し見づらいですが、左側の親水性が高い塗料を使った方は水が弾かず、塗膜の表面が水とよくなじんでいます。

    塗膜と水がよくなじむため、壁についた汚れと外壁の間に水が入り込み、汚れを洗い流してくれます。

    一方、右側は水を弾いて水の玉ができています。こうなってしまうと、汚れは水と一緒に流れにくくなります。

     

     

    親水性の反対は撥水性です。一見、撥水性のある方が汚れに強そうだと感じる人もいると思います。

    撥水性が高いと水を弾くことはできますが、埃や塵・油汚れを防ぐことはできません。

    親水性が高いと付いた汚れを洗い流すことができるので、親水性の高い塗料の方が汚れの防止に効果があります。

     

     

    しかし、親水性の塗料は壁を水でぬらさないと汚れを落とす効果が発揮されません。

    今年のように台風がたくさん来るときれいになりますが、晴れが続くと効果は発揮されません。

    ただ、雨が降らなくても外壁を水でぬらせば汚れは簡単に落とすことができるので、汚れの手入れはしやすくなります。

     

    塗替え道場でも、多くのお家で親水性の塗料を使っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください(^^)

  3. 樋の交換

    こんにちは。春日井店の大谷です。

    最近は過ごしやすい気候になってきましたね(^^)

    今日は雨樋の交換の様子を紹介しようと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    古い樋を撤去します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    樋を支える金物を付けます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    新しい樋です。このきれいな樋を付けます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    金具にはめます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    のこぎりで樋を切って長さの調整をします。

    樋のつなぎ目の部分は、専用の強力な接着剤で密着させます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    完成した写真です。樋のつなぎ目(曲がっているところ)は強力に接着されています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    樋を固定する金物はステンレスのものを使用しているので、サビる心配はありません。

     

    樋は雪の重みや、台風で曲がることがよくあります。塗替え道場では、外壁塗装をする際に樋が曲がっていないかの点検もしております。樋の交換が気になるようでしたら、お気軽にお声掛けください(^^)

  4. 屋根塗装

    こんにちは!

    塗替え道場 春日井店のプランナーの大谷です。

    昨日は台風20号でとんでもないゲリラ豪雨がきましたね!雨の後は涼しくなるのはうれしいですが、塗装の作業が進まなくなるのは少し痛いところです。

     

    今日は屋根塗装をしたI様邸の工事を紹介します(^^)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    洗浄中です。塗装前の屋根は、退色が激しくコケもみられます。

    洗浄で汚れやコケを落とします。


     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    洗浄が終わったので下塗りです。

    写真のようなカラーベスト屋根には、マイルドシーラーEPOという、表面ガチっと固めて強化してくれる下塗り材を塗ります。


     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    下塗り完了です。下塗りだけですと見た目は全然変わらないですね。でもこの上から色付きの塗料を塗るうえで外せない作業です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    中塗りと上塗りはリリーフNADフッソという塗料を使いました。

    右側が中塗りした屋根、左側がまだ下塗りのみです。

    1回塗るだけで全然違いますね!中塗りの上にさらにもう1回塗料を塗ります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    上塗り完了です。中塗りの時よりもツヤが増してピカピカになりました!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    完成した建物全体の写真です。

    黄色い外壁に深緑の屋根がとても合っています!

     

    外壁も屋根もたくさんの色から選べます。色の塗り分けもできますので、ご希望の塗り分けがあればぜひ相談していただければ嬉しいです☺

     

  5. 初めまして

    はじめまして。春日井店の大谷と申します。

    今年の3月に大学を卒業し、4月に入社し春日井店に配属になりました。

    今まで塗装の事を勉強していたわけではないのでまだまだ覚えることがたくさんありますが、外壁塗装を通して皆さんに喜んでいただきたいです。

     

    さて、今回はシーリングのことを話したいと思います。

    シーリングとは、外壁の目地や窓まわりにあるゴムのようなもので、水が家の中に入ることを防いでくれたり、動く外壁の緩衝材の役割をしてくれています。

    シーリング材が切れてたり、ヒビが入っていたりすると家の中に水が入ってカビが発生したり、外壁のサイディングボードが浮いてきて、大掛かりな工事が必要になったりします。

    そのため、シーリング工事はお家を守るためにはとても大切な工事なのです。

     

    シーリングの打ち方も2種類あります。

    1つは既存のシーリングを取って、新たにシーリングを打つ「打ち替え」。

    もう1つは既存のシーリングの上から新しいシーリングを打つ「増し打ち」。

    それぞれシーリングを打つ場所や外壁の種類によって打ち方が変わってきます。

     

    サイディングボードのお家の場合、目地のシーリングは動く外壁の緩衝材の役割ですので既存のシーリングは撤去する「打ち替え」です。

    窓まわりは、家の中へ水が入るのを防ぐ為に打つので、シーリングの表面がきれいであれば水の侵入が防げます。既存のシーリングを撤去する必要はなく、上からシーリングを打つ「増し打ち」が適しています。

    シーリングを打つ場所によって適した打ち方があるので、外壁塗装と一緒にシーリング工事をする際は、シーリングをどの打ち方で打つのかをしっかり確認することが大切です。

     

     

     

     

    劣化した目地のシーリングです。

    亀裂が入っていてかなり劣化しています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    打ち替えをしました。

    この上から塗装をします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    上から塗装をかけました。とてもきれいになりましたね!

     

  • お問い合わせ
  • Call:0120-168-373
ガイドブック請求
お見積もり
お問い合わせ